スポンサーリンク

40代のビジネスマンにおすすめなブランド腕時計をランキングにしてシンプルにまとめてみた!【男前腕時計集】

メンズアイテム

男前になるために、40代のデキる男におすすめな腕時計を知りたいという方にぜひ読んでほしい内容です!【ランキング】

執筆はOtokomae Style【男前生活スタイル】のUtahです。

今回は、「40代のデキる男性のためにブランド腕時計」について知り、男前生活が作った独自のランキングをみてください!

特に、男前になりたい、一目置かれる上司になりたい、取引先との交渉を成功させたい、女性ウケしたいという方にとって、知っていて絶対に損をしない情報やそのほかのアイテムなどを丁寧にシンプルに説明していきます。

あくまで男前生活が独自に「シンプルで女性にウケる、ダンディな男前になるための腕時計」をピックアップしています。

スポンサーリンク

この記事を読んでできるようになること

【40代に似合うシンプルでかっこいい落ち着いた腕時計のブランドを知ることで、男前になりたい、一目置かれる上司になりたい、取引先との交渉を成功させたい、女性ウケしたいという方の願いを少しでも実現させる】

40代の男性が着けるべき腕時計とは

40代になると会社の中での地位や社会的な立場、経験、キャリアによって身につけるものも様変わりするものです。

腕時計は他人から見られることも多く、個性やオシャレを演出しやすいアイテムです。

40代の男性にとって、自身のステータスや地位、ファッションセンスを表す腕時計は大切なファッションアイテム。

毎日着けるものだからこそ、腕時計にこだわりをもって選びたい。そして、そこに自分らしさをプラスしたいと思うものです。

ファッションとしての腕時計はもちろんのこと、ステータスやデキる男を演出させるアイテムとしても最高の腕時計とはいったいどんな腕時計ブランドなのか。

20代、30代にディーゼル、オメガ、セイコー、ジュエリー系腕時計【カルティエ】などを所有してきた方が、40代になって次のステージに上がる際によく候補に挙がる腕時計をご紹介したいと思います。

と、その前に大人の男が注意すべきポイントは「時計メーカーが作るブランド腕時計」「シンプルが最強」の2つだけです!!

この前提を覚えておいてください!

デキる男は時計メーカーが作るブランド腕時計を身に着ける

時計メーカーが作る本物の時計

いつの時代も機械式時計は歴史、ロマンを感じるものです。

そして、デキる男の人たちは、伝統や歴史、ロマンを好みます。

また、斬新な最先端なものを好む人もいますが、やはり機械式腕時計で選ぶなら、伝統的な時計だけで勝負している時計メーカーにロマンを感じます。

これから紹介していく、デキる40代の男性に似合う腕時計もそうですが、ここではほかの腕時計も紹介します。

  • タグ・ホイヤー:高精度を追求し続けるレーシング時計の雄。
  • ゼニス:画期的なハイビートクロノグラフの先駆者。 1865年、スイスのル・ロックルで創業。1毎時3万6000振動の名機「エル・プリメロ」を開発し、このムーヴメントを搭載したクロノグラフを軸に、文字盤から機構が見える”オープン”モデルなどを展開。
  • セイコー:日本が誇る時計メーカー。世界中でも大人気。
  • グランドセイコー:日本が誇る最高峰の性能を持つメイドインジャパン高級腕時計メーカー。
  • シチズン:日本を代表する時計メーカー。
  • オメガ :二大有名ブランド時計メーカーの一つ。
  • ロレックス :二大有名ブランド時計メーカーの一つ。
  • I.W.C.:インターナショナルウォッチカンパニーの略。
  • ブライトリング: 航空業界とのつながりが強く、コクピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチを主力とし、「時計ではなく計器である」という理念のもとに、製品はすべてクロノメーター検定に合格したものである。スイスの時計メーカー。
  • ジャガー・ルクルト :世界で8番目に古いメーカー。数々の快挙や時計の歴史を作り上げる。腕時計好きならほしい逸品。
  • フランク・ミュラー:1992年に創設したブランド。80年代より画期的な複雑機構の腕時計を製作してきたが、創業後は古典を踏襲した「トノウ カーベックス」で一躍有名に。
  • パテック・フィリップ :世界三大高級時計メーカーの一つ。雲上ブランド。
  • オーデマ・ピゲ :世界三大高級時計メーカーの一つ。 雲上ブランド。
  • ヴァシュロン・コンスタンタン:世界三大高級時計メーカーの一つ。 雲上ブランド。
  • オフィチーネ・パネライ:イタリアの高級腕時計メーカー。
  • モリッツ・グロスマン:ドイツで2008年に復活。当時の伝統を継承し、機構から外装まで自社製ハンドメイドの質の高いクラシカルデザインモデル。
  • ランゲ&ゾーネ:ドイツの高級腕時計メーカー。
  • ブレゲ:フランスの高級腕時計メーカー。
  • H・モーザー&シエ:通がうなる機構を持つスイス高級時計。19世紀の同名時計師の工房を2002年に復活。2005年に自社製ヒゲゼンマイ搭載の作品を発表。高品質な機構とゴールドケースの豪華なスタイルで「エンデバー」「ベンチャー」「パイオニア」などを展開。
  • リシャール・ミル: 2001年に創業。従来のスイス時計とは異なるモダンなラグジュアリースタイルが特徴で、プロのアスリートが競技中に着用することでその強靭さを実証。独自の素材使いによる超軽量ボディも個性に。
  • ジラールペルゴ: 1791年、ジュネーブで創業。日本にスイス時計を伝えた初めてのブランドとしても知られている。
  • ボームアンドメルシエ:世界で6番目に古く、創業以来途絶えない経営。意外と知られていないスイスジュネーヴの名門時計メーカー。Φのマーク。
  • ブランパン:1735年、スイスのヴィルレで創業。現存する最古の時計ブランドといわれ、現在も機械式時計のみを製作。高機能なゴージャス仕様。
  • ウブロ:スイスのニヨンで創業した超高級時計メーカー。”フュージョン(融合)”をコンセプトに旗艦モデルの「ビッグ・バン」を発表。斬新な機構や素材使いで時計業界をつねにリード。

シンプルな時計は女性にモテるためには必須

ファッションをトータルで考え、「腕時計をシンプルにする」ことで女性からの評価も変わります。

やはり、 ブランド時計の多くがそのブランド力と存在感ある派手な見た目ゆえ、時に「いやらしい」と思われることがあるようです。

それは、一部の女性は喜びますが、もしかしたらあなたの意中の女性は嫌いかもしれません。

それも鑑みて、腕時計選びはしましょう!

他にも、腕時計でよくある疑問集として、こんなのを用意しておきました!!もっと増やしていきたいですが、今のところはこんな感じです。

よくある疑問:オメガとロレックスの違い

よくある疑問:世界三大腕時計メーカーとは

話は変わりますが、「真のモテる男の本物の腕時計」を発表していきますので、モテたいオヤジは見るべしです!

シリーズは自分で興味が出てくれば、調べていくと思いますので、ここでは歴史やその時計の強みやカラー、バックグラウンド、伝統などについて話していきたいと思います!

40代の男性におすすめの腕時計ブランド9選

ビジネスでの1本も、お休みの時の1本も、デートの時も間違いありません!

それは見ていきましょう!

タグ・ホイヤー

スポーツウォッチへの多大な貢献と精密計測・高精度・革新的な分野で別格のスイスの名門時計メーカー。

1860年から続く歴史に裏付けられた高い精度と、限界に挑戦し続ける革新的な性能。常に前進し続ける、スイスの時計メーカーのブランドです。ラグジュアリースポーツウォッチにも定評あり。

歴史

ドイツ系スイス人のエドワード・ホイヤー(1840年 – 1892年)が1860年に設立した。設立当初からストップウオッチや、クロノグラフといったスポーツウオッチの開発に力を注いでおり、クロノグラフの歴史に貢献しています。また、近年ではトゥールビヨンや磁気を利用した新たなムーブメントの開発を行っている革新的な企業でもあります。

また、2003年までフェラーリのF1公式計時を担当していましたが、フェラーリのF1の公式計時から撤退する一方で、現在はインディカーシリーズ(アメリカ最高峰のフォーミュラカーレース)の公式計時を担当しています。

創業者エドワード・ホイヤーが工房を持った時からの目標は、「時間の計測技術をより高度に発展させること」でした。タグ・ホイヤーの前進となる「ホイヤー社」当時から、技術においても素材の選択やデザインにおいても、創業者の理念通り、常に時計作りの最先端に位置してきた時計メーカーです。

価格帯

新品で15万円~50万円がほとんどです。

その他にも、数百万円を超えるモデルやシリーズもあります。

高級品なのは間違いないですが、40代の大人の男性であれば、手に入れられないことも無い逸品だと思います。

IWC IWC ポルトギーゼ クロノグラフ オートマチック IW371491 【新品】 時計 メンズ [iwc352] [並行輸入品]

I.W.C.(インターナショナルウォッチカンパニー)

アメリカの精神とスイスの職人技で魅せる、スイス時計界最高峰の質実剛健な作りを持つ、スイス異端の時計メーカー。

アメリカの先進的な製造技術とスイス時計産業ならではの卓越した職人技を組み合わせた時計作り。 日本の時計業界でも古くから「インター」の通称で知られてきました。 端的に「質実剛健」と評される独自の社風を持つ時計メーカーとして知られています。

歴史

1868年、米国の腕時計職人だった創業者ジョーンズがスイスの異端シャフハウゼンにて創業。

創業時からスイスの伝統的技術とアメリカの機械自動化の製造技術を一体化し、効率的で完成度の高い時計作りを目標にしていました。

懐中時計が主流の時代から高い評価を受け、日本でも高級懐中時計の代名詞となっていた。

技術革新と創意工夫に情熱を傾け、今や世界屈指の高級時計ブランドとしての地位を確立し、究極の精度と独創的なデザインを融合させた、オート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)ならではの傑作を世に送り出している時計メーカーです。

一生使用できる、ブランド時計です。(個人的な感想ですが…)

様々なコレクションを出すたびに、大好評を博していく時計メーカーとしても知られています。

価格

新品で40万円~150万円がメインです。

安くないブランドなので、手が出しにくいですが、孫の代以上に壊れない時計作りをしているので、案外お買い得かもしれないです。

現在は「ポートフィノ」「インジュニア」「ポルトギーゼ」「アクアタイマー」「パイロットウォッチ」「ダ・ヴィンチ」の6つの商品ラインから構成されており、ブランド活性化の為に毎年1つのラインを一新する手法がとられています。

グランドセイコー

https://www.pen-online.jp/feature/product/grandseiko_beautifultime_02/

日本を代表する、普遍性を追求した「精巧」の名を体現する日本男児に似合う時計メーカー。

かつて「おじさんの腕時計」なんて言われていたグランドセイコーですが、実は根強い時計ファンが多いブランドで「日本人の時計はグランドセイコーが一番!」という声もあるほどです。

ブランドコンセプトは「最高の普通」、「実用時計の最高峰」 なのです!

実際、メイドインジャパンの安心感も相まって、海外での評価も上がってきています。

歴史

1960年、初代グランドセイコーが諏訪精工舎で開発・発売されたのが最初。外装仕上げを従来最高級型の「ロードマーベル」以上にグレードアップしました。

発売時の価格は25000円で、1960年の上級国家公務員初任給が12,000円であった当時、日本製腕時計でも破格の高級品でありました。

ロレックス等のスイス高級時計メーカーは自社製品がスイス公認クロノメーター規格の検査に合格することが、高級時計である証のひとつだとしていますが、セイコーは公認クロノメーター規格よりさらに厳しい検査基準を制定し、これを「グランドセイコー規格」(GS規格)としました。1960年代中期以降のグランドセイコーは全てグランドセイコー規格に合格したものである。

発売当初は「クロノメーター」を名乗っていましたが、スイス公認試験を直接受けていない製品がクロノメーターを名乗ることにスイス側から批判があり、クロノメーターの呼称を取り下げたうえで、より厳しい自社規格のGS規格を制定しました。その後、これにもとづく製造、調整を図るようになりました。

2017年、母体となるセイコーから独立し、メンズのみならずレディースを含む購入層の拡大や海外市場への積極的な事業展開を着々と進めています。

特徴

グランドセイコーは、長年、基本が変わらない普遍的なデザインを踏襲しつつ、その時代における最高の技術で精巧に作られています。常に極限までの精度、信頼性と仕上げを追究し、スーツなどのフォーマルなスタイルに似合うシンプルで上質なデザインが特徴です。

また、セイコーが27年間の年月を掛けて完成させた、機械式、クォーツに続く第3の革新的な時計駆動方式であるスプリングドライブを採用していることも特徴的です。 機械式、クオーツ、スプリングドライブの3つの駆動装置をつくることができる時計メーカーは世界で唯一、セイコーだけです。

余談ですが、スイスの高級腕時計メーカーからスプリングドライブの供給を打診されたセイコーは断ったと言われていますが、真偽はわかりません!

https://www.grand-seiko.com/jp-ja/special/godzilla65th/

価格

新品で20万円~100万と価格に幅があります。

サラリーマンでも手を出せる価格となっているのも人気の理由です。(もちろん、高級時計ですが…)

オメガ

Ω(究極)を体現する、数々の伝説を作り続ける名実ともに時計界の巨人と称される最強の時計メーカー。

歴史

1848年に 23歳のルイ・ブランがラ・ショー=ド=フォンにて懐中時計の組み立て工房を開いたのが最初。

1880年には一貫生産を行うマニファクチュールに成長し、1885年には「ラブラドール」が世界的に大ヒットし、時計界での地位を確立しました。

そして、20世紀には世界最大級の時計ブランドへと成長したオメガは、軍用時計の開発で技術に研きをかけ、1932年からオリンピック公式時計を担当しています。

人類初の月面着陸に同行した「スピードマスター」潜水艦ノーチラス号による太平洋海底地震調査で「シーマスター」が公式装備品に採用されるなど、技術力の高さとその名声以上の高精度の時計で、腕時計以外の様々な時計分野でも活躍の幅を伸ばしています。

価格

新品で20万円~100万と価格に幅があります。高いもので200万円ほどがあります。

サラリーマンでも手を出せる価格となっているのも人気の理由です。(もちろん、高級時計ですが…)

ちなみに高度経済成長期の日本で、俗に「オメガの腕時計、ロンソンのライター、パーカーの万年筆」が「男性の持ち物の一流品」として「三種の神器」になぞらえられた時期があります。

「シーマスター」「スピードマスター」はそれぞれ防水型やクロノグラフのネームとして、「コンステレーション」「デ・ビル」は高級機やドレスウォッチのネームとして、いずれも長年用いられている。

ロレックス


名実ともに世界最高峰と謳われる、時計の歴史を作り、高級時計の中でも群を抜く逸品を作り続ける高級時計メーカー。

歴史

1905年にドイツ人のハンス・ウィルスドルフがロンドンで時計商社として創業した。

当時は時計関税が高額だったため以後、漸次スイスに拠点を移し、その過程でメーカー化した。懐中時計が主流であった当時、早くから腕時計の利便性に着目し、別会社である「オイスター社」が開発し、それまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化自動巻き機構「パーペチュアル機構」日付が午前零時頃に一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明し、名実ともに世界最高峰の時計メーカーの地位を確立、腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けました

ロレックスは全米オープンや全英オープン、マスターズといった男子メジャーゴルフ選手権やライダーカップ(欧州開催のみ、アメリカ開催はオメガが公式計時)、F1、ル・マン24時間レース、デイトナ24時間レース、全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン選手権・全米オープン・ATPファイナルズなどのATPツアー・WTAツアーのオフィシャルタイムキーパーを担当しています。

またロレックスはウィーン・フィル、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーも支援しています。

すでに創業当時のスイスには名門ブランドがひしめいており、後発ブランドのひとつにすぎなかったロレックスは「実用性に加えて新しい技術や発明を用いた徹底した時計作り」で「独自性」を打ち出しました。

現在は「ウォッチ」に分類される腕時計を主たる商品としている。全ての部品を自社製造しているマニュファクチュールであり、なおかつその大部分でクロノメーター認定を受けている時計メーカーです。

価格

新品で60万円~数百万です。

大まかに分けると3つに分けられます。

  • ドレス系オイスターモデル:デイトジャスト(Datejust)が有名。
  • スポーツ系オイスターモデル:エクスプローラーやサブマリーナ―、
    コスモグラフ・デイトナ (Cosmograph Daytona)  、GMTマスター(販売終了)が有名。
  • ノンオイスターモデル:プリンスなど。

ジャガー・ルクルト

https://www.jw-oomiya.co.jp/blog/osaka/22707

リアルマニュファクチュールと称される、多くの時計愛好家に支持される最高峰の名門「技術屋」時計メーカー。

ジャガールクルトは時計デザインに「まじめさ」や「シックさ」があることが多いのです。

俗っぽく表現すると「渋い」腕時計作りをしているということです。

歴史

ジャガールクルトの創業は1833年、アントワーヌ・ルクルトが興した工房がルーツです。

元々時計部品を製造する機械を作り出せたことから工房を立ち上げており、1844年にはミクロン単位の当時最先端の測定器“ミリオノメーター”も発明しています。

これによって高い生産システムを構築し、以後1900年までに約350種類以上のムーブメントを作り上げた実績や歴史があります。それらは複雑な造りをしていました。

なので、ジャガールクルトは創業当時から技術屋として名を馳せていたのです

また、1902年から約30年に渡り、かの世界最高峰メーカーであるパテックフィリップのムーブメントの大半を製造するまでに成長しました。

その他にもオーデマピゲやヴァシュロン・コンスタンタンなどへムーブメントを供給した実績があります。

さらに、技術力の誇示というとコンプリケーションなどの超複雑機構に目がいってしまいますが、厚み1.85mmという超薄型ムーブメントCal.849も開発しています。

特徴

ムーブメントの評価のおいて時計業界ではNo.1といっても過言ではないのがジャガールクルト。

海外では高品質な高級時計として定番であり、時計愛好家やコレクターをはじめ、時計に詳しい方からの支持が厚いブランドです。

やはり時計本来の価値が大きく出る、ムーブメントが秀逸なので価値が高くなるのです。

ジャガールクルトは「マスター1000アワーズコントロール」という独自規格のもと、ムーブメントを中心に1000時間にもわたって耐久性、耐水性、耐磁性等検査を経た腕時計のみ商品化しているのです。

それは、ジャガールクルトが「本物」志向であるからです。

そして根っからの技術屋であり、本物を追求する本物の時計メーカーなのです。

価格帯

新品で40万円~100万円がほとんどです。数百万円もあります。

「レベルソ」シリーズ: レベルソはラテン語で「回転する」という意味を持ち、ケースを横にスライドさせて時計を“裏返し”にすることができるデザインが特徴的です。

「マスター」シリーズ: 1992年から続く伝統的なラウンドケースをもつシリーズです。同時に、ジャガールクルトの技術の結晶ともいえるシリーズでもあります。 また、シンプルでクラシックなデザインになります。

高級品なのは間違いないですが、40代の大人の男性であれば、手に入れられないことも無い逸品だと思います。

ブランパン(BLANCPAIN)

まだ記事にはしていませんが、更新していく予定です!

ヴァシュロン・コンスタンタン

https://item.rakuten.co.jp/jackroad/2314004/

卓越した精巧な技術と格式高い伝統が織りなし、他を圧倒する260年以上の歴史ある最高級時計メーカー。

世界三大高級腕時計ブランドの1つ。 パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲと共に世界三大高級時計メーカーの一つとされています。

1755年の創業以来、260年以上一度も途切れることなく優れた時計を作り続ける、世界最古の時計マニュファクチュールです。

厳格な品質基準「ジュネーブシール」をも取得する長年の卓越した技術と、格式高い伝統とシンプルさが一体となった他を圧倒する超名門時計ブランドです。

トゥールビヨンを始めとする複雑な機構を持つ機械式時計のほか、宝石を多用した宝飾時計で知られています。

18世紀といえば時計王国はイギリスのことを指す中、スイス時計には廉価版の印象が残っていた時代に、そのイメージを払拭させた第一人者でもある時計メーカー。

歴史

ヴァシュロン・コンスタンタンは、スイスのジュネーヴを本拠地とする時計メーカー。バセロン・コンスタンチンとも表記されます。

ジャン=マルク・ヴァシュロンJean-Marc Vacheron )によって1755年に創業。

継続的に時計を製造してきたメーカーとしては世界最古とされています。

ヴァシュロンが24歳の時、時計工房を開き、1755年9月17日に一人の見習い職人を雇ったのが始まり。

3代目のジャック・バルセレミイ・ヴァシュロンが1819年にフランソワ・コンスタンタンを共同経営者として迎え入れ、1839年に正式に社名が「Vacheron&Constantin(ヴァシュロン・コンスタンタン)」になりました。1880年にはマルタ十字軍のシンボルマークに由来するマルタ・クロスをトレードマークとして取り入れました。

時計メーカーとしては最古級の歴史ですが、実際に腕時計の製造をスタートしたのは1910年。1938年にはジャガー・ルクルトと契約し腕時計機械のほとんどはジャガー・ルクルト製のものとなります。その機械のパフォーマンスは「ジュネーブシール」規格を取得するために徹底したものばかりでした。

しかしながら、1940年に経営不振からチャールズ・コンスタンタンは大半の株式をジョルジュ・ケッテラーに売却、同社の経営は創業のバセロン家、コンスタンチン家から離れますが、会社の主要形態は変わらず、むしろジャガー・ルクルト製機械を搭載した高級ウォッチの販売は好調でした。

1970年代のクォーツ・ショックによるダメージから1980年代のはじめサウジアラビアの石油王ヤマニが「ヴァシュロン・コンスタンタン」の商標権を買取り、さらに1996年になって南アフリカの有力者でヴァンドームグループのオーナーである、ヨハン・ルパートが同商標を手に入れ今日に至ります。

様々な方を魅了し、巻き込みながら今日に至り長く続いた歴史があります。

様々な複雑機構の開発で知られ、鐘の音で分単位の時刻を知らせる「ミニッツリピーター」、部品点数820個の超絶モデル「グランド・コンプリケーション」を製品化し、一躍有名になりました。

価格

新品で100万円~300万円台がメインですが、数千万円という破格の価格の時計もあります。

そのため、「雲上ブランド」とも言われています。

代表モデル「オーバーシーズ」をはじめ、伝統的な技術と現代的なデザインを融合させた「マルタ」芸術的な装飾が施されクラシックで格調高い雰囲気をもつ「パトリモニー」

オーデマ・ピゲ

一世紀を超えて未曾有の複雑時計をつくり続け、卓越した技術力を今現在も継承する世界最高峰の高級時計メーカー。

世界三大高級腕時計ブランドの1つ。 パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと共に世界三大高級時計メーカーの一つとされています。

歴史

時計職人の家で育ち、幼少期から時計作りの英才教育を受けていたサラブレッド ジュール゠ルイ・オーデマは仕上げ職人であり幼馴染みでもあるエドワード゠オーギュスト・ピゲと共に、複雑なメカニズムの時計を開発製造することを決めました。

二人は時計づくりと精度を追求するアートへの強い情熱をもっており、それが今日もブランドの性格に生かされています。

1882年に二人の名を冠したオーデマピゲを設立。1889年に600個以上に及ぶパーツを手作業で組み上げた超複雑時計「グランコンプカシオン」を完成させ、1946年に厚さ2mmに満たない世界最薄のムーブメントを開発

価格

新品で100万円~300万円台がメインですが、数千万円という破格の価格の時計もあります。

そのため、「雲上ブランド」とも言われています。

スティールケースに八角形のベゼル、文字盤のタペストリー模様が特徴の代表作「ロイヤルオーク」、ロイヤルオークのスポーツ色をさらに強めた「ロイヤルオークオフショア」、楕円形の独特のフォルムが特徴的な「ミレネリー」、ドレスウォッチコレクション「ジュールオーデマ」などがあります。

パテック・フィリップ

「世界一の腕時計」と称される、スイス時計界でも別格として知られる超名門高級時計メーカー。

世界三大高級腕時計ブランドの1つ。 ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲと共に世界三大高級時計メーカーの一つとされています。

その中でもパテック・フィリップは頭一つ抜け出た存在であり、世界一の時計ブランドとされています。

世界一高価な腕時計を販売するマニュファクチュールとしても知られています。

歴史

1839年に2人のポーランド人アントニ・パテックとフランチシェック・チャペックが 「Patek, Czapek & Cie」を創業、これより1850年ごろまでポーランドの歴史と文化に関連したデザインの懐中時計をオーダーメイドで製造した。

その後、事業の拡大と再建、買収劇などを経て現在に至ります。

1845年に開発した懐中時計「ミニットリピーター」は第1回万博で金メダルを獲得し、その後もパテック・フィリップが時計史に残した功績は数知れず。

パテック・フィリップが今もなお、スイス時計界の頂点に君臨するのは、惜しみなく時間をかけ、丹念なハンドクラフトによって完成する驚くべきほどに高い精度、芸術的なまでに高い品質、格式高い伝統と歴史を感じさせるクラシックさがあるからです。100年以上前のモデルでも必ず修理すると公言するのは、唯一パテック・フィリップだけなのです。

また、過去にはカルティエ、ティファニー、ギュブラン(Guberin )、ゴンドーロ・ラブリオ等宝石店向けに製品を納入していました。それが名声の確立につながりました。

さらに、かつては多くの製品がジュネーヴシールの認証を受けていたが、現在は自社独自の認証マークである「パテック・フィリップ・シール」に切り替わりました。

製作記念台帳に全ての購入者を記録しており、その中にはヴィクトリア女王、エリーザベト王妃、アインシュタイン、ヴィルヘルム1世、ワーグナー、チャイコフスキー、フルトヴェングラー、トルストイ、プーシキン、ウォルト・ディズニー、クラーク・ゲーブル等の名前があります。

特に1851年に、英国ヴィクトリア女王がブローチ型懐中時計を購入したことにより、パテック・フィリップの名声が一躍広まりました。


価格

新品で150万円~数千万円台がメインですが、数億円という破格の価格の時計もあります。

そのため、「雲上ブランドの中の雲上ブランド」とも言われています。

グランドコンプリケーションはパテック・フィリップの中でも最高峰のモデルです。

余談:ブランド戦略

どんなに古い自社時計についても修理することができる「永久修理」を宣伝しているため、「パテック・フィリップの時計は一生もの」というブランドイメージを構築することに成功しています。しかし、保証期間(通常2年間)が過ぎた時計については、当然のことながら有料修理であり、またオリジナル部品を長期にわたって保持することを保証するものではないため、オリジナル部品の在庫がなくなった時点以降はオリジナル部品を使った修復ではなく、その時どきで製造可能な代替部品を使ってのメンテナンスとなります。その場合、必要な代替部品を新たに製造するコストは個々のユーザーの負担となり、時計の購入価格を大きく超える修理代金を請求されるケースも多いのが実情です。

また、パテック・フィリップはオークションで古い自社時計を高値で買い戻すことによって、「パテック・フィリップの時計の中古市場価値を保たせる」というビジネス戦略をとっています。その結果、上記の「パテック・フィリップの時計は一生もの」というブランドイメージの宣伝にも役立っているのです。

最後に

現在は、9選ですが、今後は徐々に足していくかもしれません。

更新があれば、その都度増えていくと思います!ぜひお楽しみにしてください。

さらに、時計に関する様々な疑問も扱っていきます!!以下、ご参考になれば幸いです。


また、ファッション初心者、自分のファッションを変えたい、モテ男になりたい、コーディネート方法を知りたい、女性ウケするメンズコーデをしたいという方のために!!

上記のメンズはまずメンズファッションレンタル「ZAPATOS(ザパトス)」を試してみることをおすすめします!

今のところは、これが「最も効率的にメンズファッションを学ぶ方法」だと思います。

正直、一回使ってみて微妙であれば、解約しちゃえばいいので(笑)

もし興味があればリンクを張っておくので、ぜひ見てみてください!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

タイトルとURLをコピーしました