スポンサーリンク

エッグプロテインからライスプロテインまで!?あまり馴染みのないプロテインの違いとおすすめを紹介!

プロテイン

ここ最近の健康志向と筋肉トレーニングブームにより、以前とは比べ物にならないくらい知名度が向上したプロテイン。

プロテインと聞くと、昔はボディービルダーやアスリートが飲むものだという認識が強かったのに対して、最近では栄養のバランスを考えたうえでの摂取や、プロテインの腹持ちの良さから間食として飲まれていたりするほどの人気があります。

特にプロテインのなかでも大豆由来のソイプロテインは、女性ホルモンであるエストロゲンに非常に近い構造を持つイソフラボンが含まれていたりするため、今までプロテインに疎かった若い女性からの支持も得ているのです!

そんなプロテイン。実はエッグプロテインビーフプロテインライスプロテインといった種類があるのを知っていますか?

KENTO
KENTO

そんなプロテインに種類があるだなんて全然知らなかったわ…

このような日頃あまりなじみのないプロテインも、将来的にはソイプロテインのように人気になる可能性は十分にあります。そこで今回は普段ドラッグストアに売られていないような馴染みのないプロテインの種類と特徴を紹介していきたいと思います。

ちなみに今回プロテインを紹介するのは男前生活筋肉担当のKKです!

以前にもプロテイン関連の記事を書いているので、是非参考に読んでみてください!

KENTO
KENTO

よ~し!今日はディープなプロテインの世界を知りに行くぜ!

スポンサーリンク

日頃あまり馴染みのないプロテインの種類と特徴を紹介!!

ビーフプロテイン

まず最初に紹介するのはビーフプロテインという牛肉を原料としたプロテインになります。このビーフプロテインの特徴はズバリその体内吸収スピードの速さクレアチン含有量の多さです。

以前にもプロテインの体内吸収スピードの大切さについて紹介したのですが、筋肉トレーニングを終えた直後は筋肉形成のためにたんぱく質が必要となるため、筋肉にすぐに届く体内吸収スピードの速いタイプのプロテインがおススメです。

このビーフプロテインはソイプロテインやカゼインプロテインらと異なり、体内吸収スピードが速い種類のプロテインとなるため、筋肉トレーニングをして筋量を増やしたい人にはおすすめです。

KENTO
KENTO

なるほど、体内への吸収スピードはプロテインを知るうえで結構重要な役目を担っているのね!

また、このビーフプロテインに含まれているクレアチンは、人が運動をする際にエネルギーとするアデノシン三リン酸に非常に関係のある成分で、クレアチンの摂取による運動パフォーマンスの向上が確認された研究報告もあるほど人間に重要なのです。

実際スポーツ選手などは意図的にクレアチンを摂取するのですが、肉や魚などの食品1kgに対して5g程度のクレアチン含有量しか存在しないため、クレアチン含有量が多い
ビーフプロテインのような (牛肉の20倍のクレアチンが含まれるものがある)ものを摂取するのがクレアチン摂取が効率的だと言えましょう!

KENTO
KENTO

ビーフプロテインか!なかなか効果ありそうだし、体内吸収スピードも速いのになんで日本じゃ見かけないの?

ビーフプロテインを日本であまり見かけない一番の理由は”味がまずい”という点でしょう。私が知っているビーフプロテインのチョコレート味はもう飲むのがつらいプロテインでした笑

また、粉末が牛乳や水などに溶けにくいという点も日本人に嫌われる理由かもしれませんね…。

ライスプロテイン

ソイプロテインに続いて女性人気があるのがライスプロテインです。

その理由はなんといっても植物由来(原料はお米・玄米等)のプロテインなので、胃腸が弱い人でもプロテインを飲んでお腹を壊すことが少ないからです!!

動物性たんぱく質であるホエイプロテインやビーフプロテインなどは日本人が飲むとお腹を壊してしまうものがあるため、ライスプロテイン・ソイプロテインのような植物性たんぱく質は一定数の需要があります。

同様の理由としてピープロテインと呼ばれているピーナッツなどの豆を原料としたプロテインも女性に人気があります。

これらの植物性プロテインは体内の吸収スピードが遅く、ゆっくりと消化されていくため筋肉トレーニング直後に飲むのは向いていません。就寝前や間食時に飲むのが良いでしょう。

ライスプロテイン・ピープロテインはすでにこれだけメリットがあるにも関わらず、値段も他のプロテインと比べると安価な事も多いため、本当に最高なプロテインの一種と言えるでしょう。

プロテインを飲み始める人や、過去にプロテインでお腹を壊してしまった人なんかは是非一度飲んでみてほしいです。

植物由来のプロテインは女性におすすめできるものが多いですね!

KENTO
KENTO

植物性たんぱく質か動物性たんぱく質かで違いがあるんだね…初知りだ!!

エッグプロテイン

最後に紹介するのはエッグプロテインと呼ばれる、原料に鶏卵や卵白といったものを使用して作られるたんぱく質です。卵を使用しているので、卵アレルギーの人がエッグプロテインを飲むのはやめてくださいね!!

このプロテインは卵の良タンパク質を手軽に摂取できるすぐれものなのですが、値段が高いものが多いうえに、国内商品はほとんど売っておらず国外商品ばかりです。

ただ、プロテイン特有の”粉末がだまになってしまい、非常に溶けにくい”という現象はあまり見られなかったので、ストレスはあまりかからないと思われます笑

KENTO
KENTO

マジでプロテイン粉末って溶けにくいよね。専用ケースでめちゃくちゃシェイクしても粉末の塊がいた時は少しイラっとしたよね笑

いつものプロテインに飽きてしまった人は少し挑戦してみてもいいかもしれませんね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ビーフプロテイン、ピープロテイン、ライスプロテイン、エッグプロテインといった日頃馴染みのないプロテインばかり紹介してきましたが、それぞれの特徴は理解していただけましたか?

私、KKは速攻吸収たんぱく質であるホエイプロテイン・ビーフプロテインを筋肉トレーニング後用に、体内吸収の遅いソイプロテインを就寝前に摂取しています。

このように、プロテインとの相性や特徴・効果などを知っておけば自分で工夫してプロテインを取ることが可能ですよ!

また、せっかくプロテインを摂取するなら筋肉トレーニングをした後がおすすめです!

イマイチ筋肉トレーニングの仕方や始め方がわからない人は是非下の記事も読んでみてくださいね!!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました