スポンサーリンク

【PFCバランスって知ってる?】筋トレやダイエットをしている人が気を付けるべき食事バランスについて紹介!

ボディ

ダイエットや筋肉トレーニングをはじめようとした時に、考えなくてはいけない事。それはずばり食生活ですよね!!

特にダイエットをしようとする人にとって、日ごろの食生活は本当に重要だと何度もテレビやネットで報道されているため「ダイエットをする=食生活を変える」という認識をしている人も少なくないのが現実でしょう。

ただ、今まで食生活などきにせずに生活をしてきた人にとって、食事のバランスをどう変えて行けばよいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

KENTO
KENTO

たしかに、日ごろの食生活ごと変えていくならどうすればいいのかわからなくなっちゃうなぁ…。毎日○○をだけ食べればOK!というのなら話は簡単なのに笑

そこで今回は、ダイエット初心者や筋肉トレーニングで体を作り上げていきたい人向けに食事バランスの基本を紹介していきたいと思います。

謎の男
謎の男

この記事を読めば”食事バランスって何からはじめればいいの?”という疑問が解決するぞ!!

そもそもどうして私たちは太ってしまうのか?

食事バランスの話をする前に、どうして私たちが太ってしまうのかについて紹介しておきましょう。私たちが太ってしまう主な原因は2つあります。

一つは運動不足によって体が栄養を蓄えすぎてしまう(食事バランスがいかによくても、太ってしまう人はこれが原因かも)事。そしてもう一つは糖質や脂質の取りすぎによるものです。

人間の血液中には脂肪細胞という細胞が存在しており、この細胞は血液中にある中性脂肪を吸収して大きくなります。

日頃あまり動かなければ、血液中の中性脂肪量は消費されないため、脂肪細胞が中性脂肪を吸収して大きくなっていきます。つまりお腹や足などに脂肪がついていくのはこの日常で使われなくなった中性脂肪が原因というわけですね。

また、栄養の取りすぎによって太ってしまう例としては、糖質や脂質の取りすぎが考えられます。

血中の糖分が高いと、人間は余分な糖分を体内に保存しておく働きをします。

ただ、この糖分は”糖分”のまま体内に保存されるのではなくて、体内で変換に変換を重ねて中性脂肪に変えてから貯蓄されるのです。

つまり体内の過剰な糖分は結局私たちのぜい肉となっていくのです。

ここまでが人間が太る原因になります。

ダイエットや筋肉トレーニングで体脂肪を落としたいならばPFCバランスを考えた食事をしなければならない

さて、人間が太ってしまう原因について紹介したところでさっそく食生活について考えていきましょう。

先ほど言ったように血液中の中性脂肪が脂肪細胞に吸収されることによって太ってしまうため、その原因となる糖質の取りすぎや脂質の多い食べ物の取りすぎを控える事がダイエットに効果的だと言えましょう。

そこで登場するのがPFCバランスというもの。

Protein(たんぱく質)、Fat(脂質)、 Carbohydrate(炭水化物)の頭文字をとってPFCという名前になっています。

これらのPFCはそれぞれ筋肉を形成するために必要不可欠な要素となっているため、過度な炭水化物抜きダイエットなどは筋肉が効率的につかない可能性や体調の不良が現れる可能性があるのです。

そのため、必要なのはこのPFCのバランスが取れた食生活というわけです。

厚生労働省が発表しているデータによると、たんぱく質は食事全体に対する割合が13~20%、脂質は20~30%(飽和脂肪酸は7%以下とする)、炭水化物は50~65% が好ましいとされています。

このバランスがとれているにも関わらず、肥満気味の体質の人は運動不足の影響で、取り込んだ栄養が十分使われていないか、単に摂取カロリーが多いという可能性が高いです。

また、痩せにくい、筋肉がつきずらいというのは個人差があるため一概には言えませんが、筋肉トレーニング・ダイエットで筋肉量を増やしたいという人は、PFCバランスのうち、脂質であるFを減らして、たんぱく質であるPを増やした食生活を目指すのがおすすめです。

ただ単に食生活のバランスを考えていきたいという人は、一日の摂取カロリー数を大幅に超えないように PFCバランスの良い食生活を送ってください。

また、イマイチバランスの良い食事のとり方がわからない人は農林水産省の食事バランスガイドを参考にするのもいいかもしれません!

一日に必要なエネルギー量と摂取の目安:農林水産省
KENTO
KENTO

何か食べ物を買う時も、一度PFCのどれがどのくらい入っているのか確認してみるのもいいかもしれませんね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

PFCバランスの取れた食生活は過剰な脂質や糖質を摂取しないため、日常的にある程度の運動をしている人なのであれば太る事はないでしょう。

また、糖質は脳を動かすエネルギー源だけでなく、筋肉合成を手伝う役割を果たしているため、先ほども言ったような過度な糖質制限のダイエットは好ましくありません。

もし白米を食べる事に気が進まない人は白米ではなくて玄米などを食べるのがおススメです。白米の代わりに玄米があるように、今の世の中には”代わり”となる食材は多数存在しています。

あまりにも脂質が高くて手が出せない食事や、毎日食べたいけど、糖質(炭水化物)が高くて食べられないという人はそういった代わりの食材で代用するのがいいでしょう。

このサイトは食生活だけでなく、筋肉トレーニングのアドバイスもしているのでもしよかったら下の記事も読んでみてくださいね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました