スポンサーリンク

【関東・首都圏版】日帰り温泉デートのためのプラン旅館を厳選!付き合う前の日帰り温泉デートはアリなのか?を考えてみた!

シーン別

男前サポーターの太郎丸です。

密かにカップル間でブームとなっている日帰り温泉デート。
通常のデートとは違い、心ゆくまで温泉に浸かりリラックスできるのが魅力の一つ。
浴室が男女別になっているため、どうしても個人で楽しむイメージが強いというメンズも多いのでは?
しかし、最近では貸し切り温泉、混浴、水着で入れる温泉など、二人で楽しめるような温泉施設も多く存在しています。

ということで、今回は【関東】に的を絞り、日帰りでも大満足できるような旅館を紹介していきます。温泉デートを成功させたいというメンズの皆さん、必見ですよ…!

スポンサーリンク

この記事を読んで出来るようになること

【関東での日帰り温泉デートプランに取り入れられる旅館が分かり、デートで気を付けたいポイントをマスターできる】

今の2人の距離感は?

親密にゆっくりとした時間を過ごせる温泉デート。
まず気をつけたいポイントは“2人の距離感”なんです。 アリ・ナシの場合で下記のようなパターンがあります。

【温泉デートはアリ】
・付き合って日が長い
・最近デートがマンネリ気味

【温泉デートはナシ】
・初デートをしたことがない
・付き合ってもいない段階

温泉デートはお互いの距離感がしっかりと縮まり、信頼関係が築けてからにしましょう。そうでないと、たとえ日帰りでも女性から「もしかして身体目当てなのかな」と警戒心を抱かれてしまいます。逆に、付き合って日が長いなど、お互いが親密で信頼関係がしっかりと築かれている場合は、さらに2人の愛が深まることでしょう。

日帰り温泉デートの注意点

ちょっとした遠出デートですから、しっかりと計画的にプランを練りたいですよね。
そこで、日帰り温泉デートの注意点をまとめてみました!

温泉デートは事前に伝えよう

「きっと彼女も喜んでくれるだろうなぁ」との思いから、当日いきなり「今日は日帰りで温泉に行こう!」と提案するのはやめましょう。女性にとって温泉旅行は化粧品や衣類など、なにかと準備がかかるイメージなんです。

いくらサプライズで驚かせようとしても、逆に困ってしまうのです。何週間か数日か前には「今度温泉旅行なんてどうかな?」と誘ってみるなど、前もってきちんとそのことを伝えておきましょう。行く場所も、できることなら彼女の意見も取り入れて2人でベストと思えるプランをたてるのが男前です。

ゆとりあるデートプランを

日帰りで温泉旅行に行く時は、無理のないデートプランをたてるのがベスト。 限られた時間の中で行動するので、あれもこれもと盛り込み過ぎては疲れてしまいます。 日帰りということを考慮して、ゆとりのあるデートを考えてみましょう。

・移動時間を考慮して訪れる温泉地の数を決める
・車で移動する場合はSAなどで適度に休憩する
・電車やバスで移動する場合は事前に路線や時刻を調べておく
・お菓子や飲み物を用意しておく

などに気をつけておけば、ゆとりあるデートを楽しむことができるでしょう。

荷物は必要最低限に

日帰りの温泉デートでは、必要最低限のもの以外は持っていかない方が良いです。 具体的には下記のようなものを持っていくと良いでしょう。

・スマートフォン、携帯電話、充電器
・財布
・救急セット(絆創膏、常備薬)
・ハンカチ、ティッシュ
・アメニティグッズ(旅館で借りる場合は不要)

特に、電車で移動する場合は車などに荷物を置いておけません。
訪れる温泉施設のサイトを見てみるなどして「どんな物が必要なのか」判断するようにしましょう。

女性への気遣いも忘れずに

女性には月に一度くる(個人差がありますが)女の子の日があります。 この期間に重なってしまったら、せっかくの温泉旅行でも彼女だけ楽しめなくなってしまいますよね。 そうならないようにするためには、彼女に気を遣って日程を調節してあげることです。

【関東】日帰り温泉の厳選プラン

日本には温泉の名所と呼ばれる温泉地がいくつもあります。
その中から今回は「関東」で日帰りに適した温泉施設を厳選してお届けしたいと思います!
温泉デートの候補地として参考にしてみてください。

【茨城県】つるるんの湯宿 北浦湖畔荘

画像はイメージです

「施設名」北浦宝来温泉 つるるんの湯宿 北浦湖畔荘
「場所」茨城県行方市
「コンセプト」煌めきに安らぎたい
「温泉の特長」アルカリ性単純泉

1日2組限定(要予約)の「おもてなしプラン」では、温泉入浴+食事がセットになった日帰りデートにぴったりの内容。食事と休憩は個室で過ごすことができ、アメニティも揃っているのである程度手ぶらで行っても大丈夫そうです。

日本温泉協会から認定を受けているにごり湯は、良質な自家源泉。女性にも嬉しい美肌効果が見込めるところは高評価ポイントですね。バブルバスの浴槽で心も身体もリフレッシュできます。北浦の大自然を間近に感じながら癒しのひと時を大切な人と共有することができるでしょう。

新鮮な魚介や野菜を使用した四季折々の料理も、ここでしか味わえない魅力の一つ。
日々の忙しさから解放されたい、そんなカップルにぜひおすすめしたい温泉施設です。
北浦湖と緑に囲まれた自然豊かな地で、2人だけの時間を過ごしてみてください。

【栃木県】大丸温泉旅館

画像はイメージです

「施設名」大丸温泉旅館
「場所」栃木県那須郡
「コンセプト」那須の最奥地にある秘湯
「温泉の特長」単純泉(70度)

栃木県の日帰り温泉でも人気高いのは大丸温泉旅館。標高1000メートルの高地にあり、浴槽から見える景色はまさに絶景。
200年以上前から代々館主が守り抜いてきた湯は「美人の湯」と言われ、メタケイ酸を多く含有しているため保湿成分が高いのが特長です。 また、飲泉(館内飲泉において)も可能で、胃腸病にも効果があるそうです。

内湯には「相」「笹」「桜」の個性豊かな三つの湯があり、かけながしの湯を贅沢に楽しめます。(相の湯は宿泊客専用)
露天風呂には「白樺(混浴)」「あじさい(混浴)」「あざみ(12月20日~4月中旬)」「山ゆり(12月20日~4月中旬、女性のみ)」「石楠花(女性のみ)」といった湯があります。
混浴の「白樺」と「あじさい」の湯では、カップルや家族連れでも入りやすい雰囲気です。

【群馬県】宝川温泉 汪泉閣

画像はイメージです

「施設名」宝川温泉 汪泉閣
「場所」群馬県利根郡
「コンセプト」天下一の大露天風呂を愉しむ
「温泉の特長」単純温泉

群馬県は温泉地が100近くもある温泉の名所として知られています。 四万温泉や草津温泉など行ったことはなくても耳にしたことがあるという方は多いはず。 その中でもカップルにおすすめしたいのが「宝川温泉 汪泉閣」。

三つの混浴大露天風呂と女性専用露天風呂を目玉にしており、宝川の清流を感じながらの入浴は他で味わえない魅力の一つ。
大露天風呂には200畳を誇る広さの「子宝(混浴)」の湯をはじめとした「摩訶(混浴)」「般若(混浴)」などの湯があります。女性専用の「摩耶」の湯は開放的な面積100畳の露天風呂です。
混浴は湯浴み着着用なので、男性も女性も安心して入ることができます。

館内の大浴場は源泉かけ流しの天然温泉。浴場は自然の岩を生かしたつくりになっているので、迫力満点。汪泉閣は湯量が豊富なので、大浴場ではたくさんの湯煙が立ち込めています。

温泉・食事・休憩ともに日帰りで満喫でき、宝川山荘では約100人が利用できるご休憩広間を自由に使うことができます。

【埼玉県】花湯スパリゾート

画像はイメージです

「施設名」熊谷天然温泉 花湯スパリゾート
「場所」埼玉県熊谷市
「コンセプト」癒されるリゾート空間
「温泉の特長」硫黄の香り・黄金色の湯

天然温泉を100%かけ流しという「これでもか!」というくらい贅沢な温泉施設。その源泉量は埼玉最大を誇るそうで、温泉の種類も豊富。

「七湯露天回廊」壺湯、ヒノキ風呂、岩風呂、座湯、寝湯、大岩風呂、シルク風呂
「内湯」あつ湯、高濃度炭酸泉、ジェットバス・電気風呂、水風呂、サウナ
※効能については公式HPをご覧ください

温活cafeネストでは、8種類の岩盤浴洞を完備!
約1.5万冊ものコミックや雑誌など、Wi-Fiも使える環境にて存分にまったりできちゃいます。
日帰りでも2人で満喫できる花湯スパリゾートは、カップルにおすすめの温泉施設ですね。

【神奈川県1】箱根小涌園ユネッサン

画像はイメージです

「施設名」箱根小涌園ユネッサン
「場所」神奈川県足柄下郡箱根町
「コンセプト」on泉 off呂
「温泉の特長」ナトリウム-塩化物泉

ユネッサンは、水着で遊べる温泉アミューズメントパーク。カップルでもずっと一緒にいられるので、思いっきり遊べるデートプランにもおすすめ。施設は屋内、屋外エリア、森の湯で構成されており、室内室外は水着姿でラフに楽しむことができます。

そして、ユニークな温泉が多いのも特長で、神々のエーゲ海、本格コーヒー風呂や酒風呂などテーマ性のある雰囲気がワクワクさせてくれます。屋外でも温水ウォータースライダー「ロデオマウンテン」や「洞窟風呂」など、迫力満点なお風呂が目白押し。

和風情緒あふれる日帰り温泉「森の湯」では、ゆっくりとした空間の中で心も身体もリフレッシュ。8種類のお風呂(借り切り風呂含む)だけでなく、サウナも完備しています。湯めぐりを満喫したあとは、貸し切り風呂で2人だけの空間に浸りましょう。遊んでリラックスできる、プライベート感あふれる時間を過ごすことができます。

【神奈川県2】天成園

画像はイメージです

「施設名」箱根湯本温泉 天成園
「場所」神奈川県足柄下郡箱根町
「イチオシポイント」屋上天空大露天風呂と天然温泉
「温泉の特長」アルカリ性単純温泉

天成園屋上にある「屋上天空大露天風呂」は見所の一つ。
四季の移り変わりを感じながら天然温泉を楽しむことができます。内風呂はもちろん、寝湯やサウナなどもあります。
また、天成園の敷地内(庭園)には二つの瀧が流れており、パワースポットとしても人気。瀧の間を登っていくと縁結びの神社とも呼ばれる「玉簾神社」があります。

天成園屋上では日帰りプランも充実!
お食事付きプランや貸し切り風呂サービス付き、個室休憩付きプランなど(時期によって異なります)があるので、2人だけの思い出に日帰り温泉を満喫することができます。

【千葉県】オーベルジュ オーパヴィラージュ

画像はイメージです

「施設名」オーベルジュ オーパヴィラージュ
「場所」千葉県館山市
「コンセプト」南房総・館山でオーベルジュヴァカンス
「温泉の特長」 炭酸水素塩泉

まるで南フランスの旅行気分。
12歳以下の子どもは利用できないという、まさに大人の温泉施設。
施設内には星空を望む温泉露天風呂、ポリフェノールあふれるワイン風呂、柑橘系の果実が浮かぶ南仏風呂、エキゾチックな香りに包まれるハーブ風呂など、個性豊かなお風呂が勢揃い。ゆったりとしたサイズ感の貸切風呂を6つ完備しています。湯めぐりが思わず楽しくなってしまう“大人の空間”が広がっているので、日帰りと言わず1泊だってしたくなってしまうかも……?

南房総産の魚介類や新鮮な野菜を味わえるフレンチも魅力の一つ。高級ホテルではないので、田舎の隠れ家感覚で楽しめるようです。

お風呂に入ったら、大切な人と一緒に素敵なランチorディナーに舌鼓を打つのもオツなひと時。 貸し切り風呂にランチコースやディナーコースが付くメニューなど、日帰りプランもあるようなのでぜひ一度は行ってみたい温泉施設です。

【東京都】天然温泉ロテン・ガーデン

画像はイメージです

「施設名」天然温泉ロテン・ガーデン
「場所」東京都町田市
「コンセプト」一日ゆっくりできる施設
「温泉の特長」ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

源泉かけ流しの贅沢な露天温泉は琥珀色に輝き、訪れた人々を身体の芯までポカポカにしてくれます。ロテン・ガーデンの温泉は、地下1,381mから汲み上げた町田市初の炭酸水素塩泉天然温泉。泉質のナトリウム‐炭酸水素塩泉は美肌効果が高く「三大美人泉質」とも呼ばれてきたようです。

お風呂は「左楽」「右楽」の2種類があり、日替わりで女性・男性湯が変わります。湯量が豊富なので源泉かけ流しを贅沢に楽しむことができます。

入浴後は、まんが(1万冊近く)やゲームを楽しめる「休憩スペース」をはじめ「レンタルルーム」「キッズルーム」「マッサージチェア」「食事処」など、豊富な館内設備で充実した時間を過ごせます。

岩盤浴では効果的なデトックスが見込めるという「釜の房」と「岩の房」の2種類を完備。
ロテン・ガーデンの岩盤浴では、塩化ベンザルコニウムによる除菌・消毒を徹底しているので安心して利用することができます。入力後もカップルで楽しめる要素が多い施設なので、日帰りデートにおすすめです。

最後に

関東どこいく? ということで、日帰り温泉デートのおすすめ旅館を紹介しました!
もちろん、関東には他にもたくさんの魅力ある温泉施設があります。 あくまで参考程度に活用していただければと思います!

デートで着ていく服に迷ったら、「ZAPATOS(ザパトス)」というサイトがおすすめ!
効率的にメンズファッションを学ぶ方法だと思うので、忙しい男性の皆さんにぴったりなんです。

以上、太郎丸がお送りしました!

コメント

  1. […] […]

  2. […] 日帰り温泉デートでデキる男の気遣いはこちら! ・温泉デートは事前に伝えよう彼女に当日「日帰り温泉デートに行こう!」と言うのはやめましょう。女性はデートのために適した服装、メイクをするために朝から時間をつかっているのです。なるべく数日前か数週間前に伝えましょう。・ゆとりあるデートプランを日帰り温泉デートは、巡りたい温泉地を詰め込みすぎないようにしましょう。ゆとりをもってプランを練ることで、せっかくのデートを疲労困憊せずに成功させることができるでしょう。・荷物は必要最低限に荷物はスマホや財布、ハンカチ、ティッシュなど必需品以外はなるべく持っていかないようにしましょう。アメニティグッズは旅行先の旅館を事前リサーチするなどして、持って行くべきかを判断しましょう。・女性への気遣いも忘れずに 女性には月一度(個人差がありますが)の女の子の日があります。この期間に重なっては、せっかくの温泉にも入れず楽しめませんよね。そうならないように、彼女に気を遣って日程を調節してあげましょう。もっと詳しく見る! […]

タイトルとURLをコピーしました