スポンサーリンク

【筋肉は減る?増える?】筋肉トレーニング後にアルコール摂取するとどのような影響がでるのか知ってる?

お酒・アルコール

かっこい男を目指すのであれば誰しも憧れるムキムキの引き締まった体。

割れた腹筋やはちきれんばかりの大胸筋を手に入れるために日々筋肉トレーニングを行っている人も多い事でしょう!!そんな人はもちろん食生活にも力を入れているはずで、筋トレ後にはプロテインを摂取して低脂質、高たんぱくな食事を取る努力をしているはずです。

しかし、筋肉トレーニングをしている時期に付き合いでお酒を飲まなければいけない時ってありますよね。

お酒はプロテインのような筋肉を増加させるドリンクではないですし、お酒を飲んだ時の体への影響(筋肉への影響)って気になりませんか?

KENTO
KENTO

たしかに、お酒って筋肉にどれだけ影響をもたらすのかイマイチよくわからないもんね…

そこで今回は、筋肉トレーニングをしているメンズの疑問解決のため、アルコールが筋肉に及ぼす影響を紹介していきたいと思います!

謎の男
謎の男

この記事を読めば筋肉とお酒(アルコール)の関係性がわかるようになるよ!

お酒を飲んだ時に、アルコールが筋肉に与える影響とは?

さて、さっそくアルコールが筋肉に及ぼす影響を紹介していきたいと思います。

まず主な筋肉に与える影響としては”コルチゾールによる筋肉の分解”です。

人間がアルコールを摂取するとコルチゾールという副腎皮質ホルモンが分泌され、このホルモンは筋肉のたんぱく質代謝を引き起こします。

つまり筋肉トレーニングを行って増やした筋肉が糖に分解されていくというわけです。

せっかく筋肉トレーニングをしたのにも関わらず筋量が減ってしまうのは悲しいですよね…

次に飲酒が筋肉に与える影響としては”テストステロン分泌量の減少”です。

テストステロンは通称男性ホルモンであり、筋たんぱく質を合成するのを促進させる役割を担っています。もう少し詳しく説明すると、テストステロンは筋繊維表面に存在する筋サテライト細胞を活性化させる役割を持っているのです。

筋サテライト細胞は分裂し、やがて筋繊維となる重要な細胞であり、この細胞が筋肉増加に非常に重要な役割を果たしているのです。

また、テストステロンは骨格筋細胞における自然死”アポトーシス”を抑える役割も果たしています。過剰なアポトーシスによって筋肉の細胞が死んでしまう(筋量が減少する)ことをテストステロンは抑えてくれるなんて優秀な存在ですよね!

そして最後は”アルコールによって満福中枢のマヒが起こり、食べ過ぎてしまう事”です。

アルコールを飲んでいるとついつい脂っこい食べ物や糖質たっぷりの食べ物を口にしてしまいます。冷ややっこや枝豆といった高たんぱくなつまみであればまだいいのですが、フライドポテトやしめのパフェなどは控えたほうが良いです。

せっかく鍛えた筋肉の上にどっぷり脂肪が付いたら意味ありませんからね。

注意が必要です。

ズバリ筋トレ中は、お酒は飲んだほうがいい?飲まないほうがいい?

さて、ここまでお酒が筋肉に与える影響について話をしてきましたが、結局筋肉トレーニング中にお酒を飲んでもいいのでしょうか?

結論から言いますと、お酒は飲まないに越したことはない。です。

いままで紹介してきたアルコールが筋肉に与える影響のほとんどは、ホルモンの影響によるものです。これは個人差がありますし、お酒を少し飲んだところで筋肉が目に見えるほど減少するという事はないでしょう。

また、社会人になればお酒は飲まなければいけない場面がいくつもやってきます。特に12月1月の年末年始や3月4月の卒業・退社・入社シーズンは嫌でも飲み会が入ってくるものです。

そんな時期にお酒を飲まないなんて難しいですし、筋肉トレーニングで溜まったストレス発散や気晴らしにお酒を飲みたくなる欲求を我慢するのも良くありません。

一番重要なのは、お酒を飲む事よりもお酒と一緒に食べるご飯やおつまみを食べ過ぎない事。お酒と相性の良い食べ物は高確率で高カロリー脂質炭水化物たっぷりです。

ついつい食べ過ぎてしまうと先ほども言ったようにお腹に脂肪がついてしまいます。

KENTO
KENTO

お酒よりも怖いのはおいしいご飯やおつまみってわけね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

お酒を飲むことが筋肉にどのような影響を与えるのか理解していただけた人も多いのではないでしょうか?

一番はお酒を飲まないという事ですが、筋肉のために食事制限をして筋肉トレーニングをして禁酒まですると継続がしずらくなりますし、ストレスが溜まりますよね!

そんな時には、筋トレ界隈では有名な”チートデイ”を作るのが有効です。

チートデイの効果についてはまた別の記事で紹介したいと思います!!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました