スポンサーリンク

シェーバーとカミソリの違いとは?しっかりと解説していきます!【メンズ脱毛編】

メンズ脱毛

こんにちは、Otokomae Style【男前生活】のUtahです。

シェーバーとカミソリの違いが気になり、調べてみました!

そこで今回、「シェーバーとカミソリの違いとは?」を体験談をまじえながらご紹介していきたいと思います!

それでは早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

シェーバーとカミソリの違いとは?

すぐに本題に入ってしまいます!

ズバリ、カミソリとシェーバーの大きな違いを簡単に言うと、カミソリは刃が直接肌にあたり、シェーバーは刃が直接肌にあたらないという点です。

どちらも毛を剃るものであり一見同じように見えがちですが、カミソリの方が肌への負担は大きくなっています。

ただ、T字カミソリやT字シェーバーなどの言い方もありますが、どちらも同じように使われているので、あまり関係ないように感じます。

つまり、特に違いはないと言えると思います!(個人的な意見ですが、、、)

それでは、カミソリとT字シェーバー、電動シェーバーのメリットとデメリットを体験談を交えながら、見ていきます!

カミソリでの自己処理

ムダ毛に悩んでいる男性なら、一番に思い付くのがこのカミソリでしょう!

自分でカミソリを使ってあごひげや口ひげなどを剃ったことがあると思います!

カミソリでのムダ毛処理は入浴時などに手軽に広範囲が処理できるため、もっとも一般的な自己処理方法になります。

肌負担レベル  ★★★☆☆

カミソリでのメリット〇

・手軽にできる!

カミソリでのムダ毛処理の一番のメリットは、カミソリさえあれば時間を掛けずに手軽にできるのが特徴といえます。入浴時におこなうことでムダ毛をお湯で柔らかくして、シェービングできる為、剃りやすく肌への負担も軽減できます。

・費用が安い!

カミソリは安価でどこでも購入できるため、ムダ毛の処理方法の中では安価で出来る方法になります。

カミソリでのデメリット×

・剃ってもまたスグに毛が生えてくる。

キレイに剃ったつもりでも、ムダ毛は皮膚のなかですでに伸びる準備をしていますので、夜の入浴時に剃っても次の日の朝にはにはジョリジョリやチクチクするといったことがあります。

・剃り残しや剃り負けができることも。

剃り負けは、皮膚にカミソリが直接当たることで皮膚を傷つけてしまうので注意が必要です。

・剃った後がとげとげして痛い。

剃った後はチクチクしたり、とげとげしたり痛いことや不快感がありますよね?なるべく、五枚刃を使うようにして、しっかりと剃るようにしましょう!また、とげとげする理由は、毛に角ができるように剃るためです。

・剃ると肌が傷つき毛穴が目立つ。黒いツブツブが残る。

剃った毛の断面は意外と大きく、毛の黒さが目立ちます。また毛の切り口は角張っているので、触るとチクチクすることもあります。

シェービングの体験談とワンポントアドバイス  

ワンポイントは、シェービングをするときは入浴中に!そして、シェービングクリームもつけて、肌を傷つけないようにしましょう!

シェービングの基本ですが、お風呂に入っていきなり剃るのではなく、入浴をして毛に十分な水分を与えてからシェービングすると剃りやすくなります。

知らない方も多いかと思いますが、入浴前にシェービングしてしまうと、剃った部位に浴槽の雑菌が付着し炎症が起こりやすくなりますので、入浴中にカミソリでシェービングする時は、必ず入浴中にするよう心がけましょう。

シェービング時のお肌保護と滑りを良くするために専用のシェービング剤(クリーム)をご使用して下さい。

面倒なのでボディソープでやりがちですがお肌が乾燥しやすくなります。(意外とここ注意!)

お肌が乾燥すると、良いことはないので、脱毛の時にもシェービングで傷つきます!

シェービング後の保湿はしっかりめに。

長い毛をカミソリで剃る場合、刃に毛が詰まりやすくなるため、ハサミやバリカンで短くカットしてからの方がシェービングの刃の通りが良くなります。

オススメは、カミソリの替刃自体に水に濡らすとジェルが出るものです。

こんな感じの五枚刃がオススメです!

ジェルあり替刃をご使用の際は、ジェルがなくなると滑りが悪くなり、刃が皮膚に引っ掛かるためかなり危険ですので、替刃のジェルがなくなり次第必ず交換しましょう。

T字シェーバーでの自己処理

T字のシェーバーというと、五枚刃を思い浮かべると思います!

例えば、こんな五枚刃を使っているのではないでしょうか?

肌負担レベル ★★★☆☆

Tシェーバーによるメリット〇

・手軽にできる!

カミソリでのムダ毛処理の一番のメリットは、カミソリさえあれば時間を掛けずに手軽にできるのが特徴といえます。入浴時におこなうことでムダ毛をお湯で柔らかくして、シェービングできる為、剃りやすく肌への負担も軽減できます。

・費用が安い!

カミソリは安価でどこでも購入できるため、ムダ毛の処理方法の中では安価で出来る方法になります。

・カミソリに比べ剃り負けしない

普通のカミソリに比べて、T字の五枚刃や六枚刃のシェーバーはまず、毛をしっかりとカットしてくれ、剃り負けをしにくくしてくれます。もちろん、使い方を誤れば、切れてしまいますが、それは使い方を間違えれば当然なので悪しからず。

・深剃りができるため、比較的キレイに剃れる。

・細かい部分、細い毛等に直接あてることができキレイに剃れる。

Tシェーバーによるデメリット×

・剃ってもまたスグに毛が生えてくる。

キレイに剃ったつもりでも、ムダ毛は皮膚のなかですでに伸びる準備をしていますので、夜の入浴時に剃っても次の日の朝にはにはジョリジョリやチクチクするといったことがあります。

・剃った後がとげとげして少しだけ痛い。

剃った後はチクチクしたり、とげとげしたり痛いことや不快感がありますよね?なるべく、五枚刃を使うようにして、しっかりと剃るようにしましょう!また、とげとげする理由は、毛に角ができるように剃るためです。

・刃の交換頻度がある。

Tシェイバーの体験談とワンポントアドバイス 

電動シェーバーでの自己処理

画像はイメージです。

電動シェーバーはなかなか、買いたくてもどうしようかなと悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

最新の電動シェーバーも出ているので検討してみるのもいいかもしれません。

これは海外では回転式といってメジャーですが、日本ではまだ少ないです。肌には優しいです。

使ってみた感想も書いていくので、ぜひ参考にしてください!

肌負担レベル ★☆☆☆☆

電動シェーバーによるメリット〇

・カミソリに比べ、肌を傷つけにくい。

・髭を濡らさず剃れる為、場所を選ばず手軽に短時間で剃れる。

・刃の交換頻度が少ない。外刃は1年、内刃は2年が寿命と言われています。

・押し出された髭を剃るため、深剃りができる。

電動シェーバーによるデメリット×

・剃った後にザラザラ感が残りやすい。

・プレシェーブローションに殺菌作用のあるエタノールが含まれる場合が多く、肌に合わない方も多い。

・自動、電動のため細かい部分、細い毛等に直接あてることが難しい。

・シェーバーの洗浄や注油等、手入れが面倒臭い。

・カミソリと比べると価格が張る。

・機種によっては音がうるさい。

電動シェイバーの体験談とワンポントアドバイス 

T字カミソリの場合、肌を保護するためにシェービングクリームを使用する必要がありましが、電気シェーバーであれば、いつでも簡単に使うことが出来ますし、手入れも楽に行うことができます。

そして、T字は肌を傷つけてしまう可能性があり、T字を使わない理由は電気シェーバーが肌に優しいという事も挙げられます。

電気シェーバーであれば、肌に優しく肌を傷つけるリスクを少なくすることができます。

電気シェーバーはT字カミソリに比べると肌への負担は軽いですが、そうはいっても肌への負担は少なからずあるので、ひげ剃りをした後は保湿をしっかりと行うようにしましょう。

コンビニなどでも購入することが出来るメンズ化粧品も多数ありますので、保湿ケアを行うことをおすすめします。

先ほどの海外の電動シェーバーは肌に優しくかなり使い勝手が良かったです!

Panasonicなどの日本製は回転式は少ないので、往復式の電動シェーバーが一番流通しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました