スポンサーリンク

コロナによる疲れやストレスを少しでも解消する自宅で出来るエクササイズや筋トレを紹介!

ボディ

最近、世界的にコロナが問題となってきて、休校や在宅ワークの人が増えています。

感染のリスクを避けるためにも過度な外出は控えたほうがいい反面、ずっとおうちに籠っているのはなんだかしんどいですよね。

それに、国外への旅行やおでかけなんかを計画していた人は、コロナの影響で計画が潰されてコロナに対して怒りを覚えている人も多いかもしれません。

実は私も、楽しみにしていた旅行をコロナによって潰されて非常に悔しい思いをしています。そこで今回は、コロナへの怒りやストレスを解消させるためにおうちで出来るエクササイズや筋肉トレーニングメニューを紹介していきたいと思います。

KENTO
KENTO

怒りのパワーを筋肉に変えて、ムキムキボディを手に入れよう!

1.両手両足歩き

まず初めに紹介するのは両手両足を床につけたまま家の中を歩きまわるエクササイズ。

やり方は非常に簡単で、両手と両足を地面につけて、ライオンや熊のように歩くだけ!

右足右手を出した後に、左足左手を出すライオン歩きのパターンと、両手を前に出して両足を前に出す犬歩きの2パターンがあるので両方試してみてください!

これを少し続けただけで両足がパンパンになりますよ笑

2.フロッグジャンプ

これも名前の通り、カエルのようなジャンプをするエクササイズです。

しゃがみこんだ状態で、両手を地面に着けてスタート!!

前方に向かって大きくジャンプをしましょう。ジャンプをしたら、着地はまた最初のカエルのポーズに戻るのを忘れないでくださいね?

ぴょんこぴょんこジャンプをしていると大腿四頭筋が本当にしんどくなってきます笑

あなたは何回ジャンプできますか?

3.手押し車

【激闘】長距離階段型手押し車

手押し車と聞いて学校の体育の授業を思い出した人も少なくないでしょう。

このエクササイズには2人が必要です。一人が腕立て伏せのポーズを取りましょう。

もう一人が腕立て伏せのポーズをしている人の足首を持ちあげます。もうこの時点で腕立て伏せのポーズをしている人はしんどいはずです。

そして、腕立て伏せのポーズをしている人はそのまま両手を動かして前方に進んでいきましょう。腹筋や背筋の無い人は手を前に出すのすらしんどいはずです。

足首を持っている人は、両足を地面に落下させないように全力で足首を持ってあげましょう。握力のトレーニングにもなりますよ笑

KENTO
KENTO

筋トレ重視の人は、前進せずに腕立て伏せの状態で両手ジャンプをしてぴょんぴょん跳ねてみよう!胸筋が鍛えられるぞ?

4.バービージャンプ

Burpee + Tuck Jump – TheDailyHiit

さて、室内エクササイズの中でもなかなかしんどいのがバービージャンプ!

バービージャンプは学校の体育の授業でやった事がある人がいるはず!

さっそくやり方を復習していこう!!

  1. 立っている状態から、膝を曲げて行き床に手を付ける(肘を曲げない)。
  2. 手で体重を支えつつ足で地面を蹴り足を後ろに伸ばす。(腕立て伏せのイメージ)
  3. 足を再度蹴り上げ、しゃがんだ状態1に戻る。(ここまで肘をまげない)
  4. しゃがんだ状態から飛び上がり、ジャンプ最中に頭上で一回手をたたく。

これ、実際やってみると足への負担がすごすぎて何回も出来ないはず!

久々に運動した人は明日の筋肉痛は避けられませんよ笑

5.HANDCLAP

【HANDCLAP】2週間で10kg痩せるダンスの効果的な踊り方紹介!一緒にダイエットしよう!◆2주에 10kg 빠지는 춤 |Fitz and the Tantrums /Dancing

最後に紹介するのはHANDCLAP!!一時期大流行りしたので覚えている人もいるのではないでしょうか?

でも、それはYOUTUBERが動画の企画っでやっていただけで、実際に自分自身でやってみたことがある人はほとんどいないのでは?

このコロナに対する怒りをダンスにぶつけるのもなかなかいいものですよ!

やり方は下の動画のとおりに踊るだけです!!

やってもらえばわかりますが、12分くらいで地獄が見えます。ファイト!!

まとめ

いかがだったでしょうか?

運動をしたら少しコロナに対する怒りは収まりましたが、コロナウイルスマジで早く消滅してほしいという感情はいまだ変わりません。

今回紹介したエクササイズはなかなか激しい運動ばかりなので、自分の体を壊すことなく、楽しめる範囲でやってみてくださいね!!

筋トレをもっとやりたいというひとは下のリンクも見てみてくださいね!!

それでは、ここまで読んでくれてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました