スポンサーリンク

彼女の愛が“爆上がり”!?クリスマスデートにも使える、トレンドに流されない冬のおすすめメンズコーデを女子目線で調べてみた!

おしゃれの指南書

こんにちは、Otokomae Style【男前生活スタイル】の時間です。
この記事は、男前サポーターの太郎丸がお送りします!

寒い冬の季節。冬服は数多くあるけれど、どんなファッションコーデをすればいいのか分からない! そんなお悩みはありませんか?

冬といえば大切な人と過ごすクリスマスという一大イベントがありますね。クリスマスは大切な彼女とデートしたり、友人、家族とパーティーを楽しんだり、なにかと忙しい人も多いでしょう。 特に、彼女と過ごすデートにはおしゃれにも一層気合いが入りますよね。

そんな時に、トレンドに流されない冬の男前ファッションコーデがあればなぁ…と思いませんか?

実は、彼女の愛が“爆上がり”する冬のファッションコーデがあるんです。

それを知っていれば、彼女とのクリスマスデートも一層盛りあがっちゃうはず。

というわけで今回は、クリスマスデートに使えるトレンドに流されない冬のファッションコーデを紹介していきたいと思います!

コーデはジャンル別に紹介していくので、実際のデートやパーティを想像しながら楽しんで読んでもらえれば嬉しいです。

男前を目指しているみなさんのために全力で調べたので、ぜひ読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事を読んで出来るようになること

【トレンドに流されない冬のファッションコーデをマスターして、クリスマスデートのコーデ選びにもう迷わない! 彼女の愛が“爆上がり”する男前になる】

女性から評判の冬ファッションコーデポイント3つ

春夏秋冬、それぞれ季節にあったファッションコーデがあるかと思います。

その中でも冬は寒いので、重ね着をする季節。

そのため、アウターとインナーの相性からマフラーやネックウォーマーなどプラスポイントとなるアイテムまで、おしゃれを一番楽しめる季節だとも言えます。

一方で、重ね着し過ぎて野暮ったい印象になってしまうことは避けたいですよね。

ずばり、女性から評判がいいファッションコーデはきれいめコーデです。

え? 普通すぎない?

意外かもしれませんがそれでいいんです!!!

無難なコーデこそ王道ですが女子ウケ抜群なんです!

きれいめコーデをするために必要なこととはなんでしょうか?

分かりやすく3つにまとめてみたので、 さっそく行ってみましょう!

基本はシンプルに

きれいめコーデではあまり華美なアイテムを取り入れる必要はありません。

コーデの基本はいたってシンプルで、アウター、ニット(もしくはデザイン性のあるTシャツ)、パンツがあれば困りません。

男前なファッションコーデを意識しすぎるあまり、おしゃれなアイテムを取り入れて過ぎると落ち着かない印象になってしまいます。 あくまで、きれいめコーデを目指すならシンプルに着まわせるようなアイテムが理想的です。

シンプルだと着回しが断然しやすいですし、派手な服よりは無難でコーデの失敗も少ないでしょう。 きれいめなファッションコーデが女性からは評判なので、基本がシンプルであるだけでモテるでしょう。

シンプルで少し寂しい感じがするなら、マフラーや靴にこだわってみるのもアリです。 きれいめというより、ややカジュアルなパーカーも着回し力の高いアイテムです。やや気楽な感じを出したい場合は、ニットやTシャツ以外にもパーカーを取り入れてみるといいでしょう。

評判のきれいめコーデはアウターの“コート”が要

冬のきれいめコーデ、これはトレンドに関係なく女性からの評判が高いです。

冬場はどうしても防寒を意識しすぎて重ね着しすぎてしまうかもしれませんが、ここでキレイめ&シンプルにすればさらにスマートでカッコいい男性という印象が与えられます。

「シュッとしていて素敵!」そう思われたら嬉しいですよね?

よくるのがモコモコとしたアウターにズボンという組み合わせ。これは定番と言えば定番ですが、きれいめを目指すならアウターをスマート系コートなどでまとめたほうがいいです。

コートの種類はこのような物があります。全てではありませんが、わりときれいめ系をまとめてみました。

コートの種類(きれいめ男前メンズコーデ)

トレンチコート=ダッフルコートなどと比べると少し生地が薄め。インナーをパーカーやニットなどで着込むと冬でも暖かく過ごせます。ベージュが定番。知性的な印象が与えられる。バーバリーやマッキントッシュはかなり有名。イギリストラッド。

チェスターコート=テーラードジャケットの丈が長いバージョンのコート。スニーカー・デニムなどのカジュアルアイテムとの相性もいい。モード系やフレンチ系トラッド。デキる男前なら一着は欲しいアイテム。

ダッフルコート=フードがついた厚い生地が特徴的なコート。ややファンシーな印象のコートなので、きれいめにするなら黒を差し色に取り入れるなどします。

中綿コート=ポリエステルが入っているコート。ダウンより型崩れしにくい。

Pコート=上品でまとまった印象の大人っぽいコート。短めのコート。きれいめコーデにオススメ。

ショールカラーコート=肩掛け(ショール)が印象的なコート。自然とおしゃれな着こなしができる。

モッズコート=きれいめというよりは、男らしいワイルドさが印象的なコート。

ステンカラーコート=襟の後ろ側が他より高くなっているのが特徴的なコート。

アウターのコートが与える全体の印象は大きいので、こうした種類の中からコートを選んでコーデを決めていきます。

夏はコートをあまり着ないので、外出にコートが欠かせない冬はまさに必須アイテム。まさにコートはコーデの”要“と言えます。

また、コート選びの基準は「襟の形」「生地の素材・色」「シルエット」「サイズ感」が大事なポイントになります。シーンに合わせて使い分けるようにするといいでしょう。

落ち着いた大人の余裕を演出するには“着痩せ”を意識

女性から評判のきれいめコーデを目指すなら、着痩せ痩せて見える「色」や「柄」を選んでみましょう。

まず、シュッとしていてスマートに見える服の色は黒、紺、こげ茶などのダーク系です。これらの色は引き締まって見えます。 柄は、ストライプの方が引き締まって見えますが、一方でチェックは緩んで見えてしまいます。 柄はなく、シンプルなものがベストです!

着痩せコーデをする場合はこれらの色や柄も大事ですが、体のラインを見せたくがないために体格に合わないダボッとしたサイズを選ぶのは一番最悪です。自分の体格に適したサイズを着るようにしましょう。

これらのポイントを抑えた上でコーデをまとめてみると、着痩せ効果できれいめな印象が与えられます。 アウターのコートに合わせて、インナーの色を変えてみるなど少し変化をつけてみるのもいいでしょう。 そういった些細な選択の一つ一つが落ち着いた大人の雰囲気を醸し出し、周囲に「知性」や「品格」といった印象を与えるのです。

そんなところまで見ていないんじゃないか…と思われるかもしれませんが、女性はしっかりとみているので、服装が与える印象というのは意外と大きいのです。 美は細部に宿るといいますからね(笑)

【激選】ジャンル別にファッションコーデを紹介

女性から評判のファッションコーデポイントが分かったところで、次はジャンル別のコーデを見ていきましょう!

突然ですが、彼女のコーデと自分のコーデの相性はどうですか?

実は、女性が「嬉しい!」と感じるのは一緒に歩いている時に、お互いのコーデが似通った時なんです。何か、自分の好みと通じるものがあると思ったら、嬉しいと感じるんですね。確かに、心が通じあっている気がします…(笑)

だから、コーデを選ぶ時に彼女のコーデも意識して合わせてみるといいかもしれません。

きれいめコーデが評判と書きましたが、もちろん女性によってそのタイプは様々。

というわけで、今回は「きれいめ」をはじめ、「カジュアル」「ロック」「レトロ」などの4ジャンルでまとめてみました。

女子ウケ抜群のきれいめ系コーデ1

アウター(ベージュ)×インナー(ネイビー)×ボトムス(ネイビー)。

これぞ定番のきれいめコーデ。インナーは着痩せして見えるネイビー系で揃えて、アウターは明るいベージュのトレンチコートでまとめています。

これは…確かにカッコいい…!! トレンチコートの知的な雰囲気とも相まって、落ち着いた大人をしっかりと演出しています。

ここで注目してほしいポイントがあります。

ニットの首元と腰元からチラッと“Yシャツ”がのぞいていますよね?

きれいめに見せるあまり全てをカチッとせずに、絶妙な抜け間をあえて出すことで全体としてバランスのとれたファッションコーデになっています。ニットがネイビーなので、ホワイト系のYシャツを選んでいるというのもポイントです。


https://street-fashion-snap.com/post/180968262197/%E7%8A%AC%E3%81%AE%E6%95%A3%E6%AD%A9

女子ウケ抜群のきれいめ系コーデ2

アウター(ベージュ)×インナー(ネイビー)×ボトムス(カーキ)。

女性から見て人気のきれめ系コーデをさらにもう一つ紹介しちゃいます! こちらはアウターに明るいベージュカラーのチェスターコートを選び、インナーとボトムスはダーク系のカラーで引き締まりのあるコーデ。

トレンチコートよりはややカジュアルなチェスターコートをアウターに選ぶことで、カチッとしすぎない柔らかい 印象になりました。 クリスマスデートでこんなきれいめ系コーデで来られたら、モテちゃいそうですね(笑)


https://street-fashion-snap.com/post/105652024147/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88

カジュアル系コーデ

アウター(カーキ&グレー)×インナー×ボトムス(ブラック)。

きれいめ系コーデよりはだいぶカジュアル要素が強くなっています。アウターとインナーは冬らしい暖かみのある色合いのアイテムを取り入れています。トップスに比べてボトムスはブラックカラーなので、ガチャガチャしすぎずにまとまっています。

全体のカジュアルな印象とモノクロスニーカーの相性も抜群です。 彼女とゆっくり冬の休日デートを楽しみたい時に活躍しそうな冬コーデですね。

https://street-fashion-snap.com/post/58553036757/david-chloe-by-victoriah

ロック系コーデ

アウター(ブラック)×インナー(ホワイト)×ボトムス(ブラック)。

この写真を見てみましょう。 カッコいいですよねぇ。。。“漢のアウター”レザージャケット。

アウターとボトムスをブラックカラーでまとめることで、男らしさが際立つまさにロックなファッションコーデですね!
ホワイトのニットがインナーとして程よく存在感を出しているので、全体のバランスがよくまとまっています。 もし、インナーまでブラックだったら全身黒ずくめで暗すぎる印象になってしまいます。

冬らしいコーデにしたい場合は、このように差し色で明るい色を入れてみると随分印象が変わります。 彼女がロック系のタイプだったら、このコーデを参考に合わせてみるのもいいかもしれません。

https://street-fashion-snap.com/post/77864699554/%E4%B8%AD%E3%81%AE%E7%99%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%AA%E3%83%BC

トラッド系コーデ

アウター(ネイビー)×インナー(ブラウン)×ボトムス(ベージュ)。

トラッド系はあまり今のトレンドに左右されるジャンルではない(伝統的な)ので、なんとも懐かしいような味のある領域です(笑)

いい意味で大人の渋さを演出できるので、より大人の男を目指すならトラッド系コーデもいいでしょう。

この写真を見てみると、全体的に秋・冬らしい色合いを取り入れています。端的にネイビー、ブラウン、ベージュといっても深みのある秋・冬色 遊び心で靴下に冬らしい柄を取り入れてみるのも、レトロ系コーデではアリです。 今の流行に流されず、渋カッコいい大人を演出したいという方はレトロ系コーデを試してみることもおすすめします。

https://street-fashion-snap.com/post/42921208170/%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%8F%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%B3%E3%81%84%E3%81%84

クリスマスデートに男前ファッションコーデを

ここまで紹介したファッションコーデは、秋か〜冬にかけて幅広く使える男前コーデです。
女性から評判の“きれいめコーデ”やその他のファッションコーデを参考に、好きな人との心温まる冬デートをエンジョイしてください!

冬といえば一大イベントの「クリスマス」がありますから、クリスマスデートの服に迷った時はこの記事で紹介したようなコーデポイントを押さえてみてください。

女性は気になる人や好きな人と過ごすクリスマスのひと時を、1年の中でも特別なものだと思っています。

女性もおしゃれにはいつも以上に気をつかっているはずですので、男性も他の男性と“差”がつく冬のファッションコーデを試してみてください!

最後に

さて、クリスマスデートにも使える冬の男前ファッションコーデ紹介は楽しんでいただけたでしょうか?
当サイトでは他にも男前を目指すみなさんを全力で応援する記事が掲載されているので、気軽にサクサクと読んで役立ててみてください!

おしゃれ初心者やコーディネートは時間がかかってめんどくさいというメンズ、ハイブランドを身につけて“男の自信”をつけたいという男性は、「ZAPATOS(ザパトス)」というサイトがおすすめ! 「最も効率的にメンズファッションを学ぶ方法」だと思うので、男前を目指している方に役立つと思います。 一回使ってみて微妙だったら、解約してしまえばいいので。
気軽に使ってみてください!

以上、男前サポーターの太郎丸がお送りしました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました