スポンサーリンク

世界三大時計メーカーとは?マジで死ぬほど高級すぎるコンスタンタン?オーデマピゲ、パテック・フィリップの謎に迫ってみた!

マメ知識

世界三大高級腕時計ブランドのメーカーを知りたいという方にぜひ読んでほしい内容です!

執筆はOtokomae Style【男前生活スタイル】のUtahです。

今回は、「世界三大高級腕時計ブランドのメーカー 」について、 詳しく、わかりやすく解説していきます。

世界三大ブランド腕時計って、凄そう…見ていきましょう!!

スポンサーリンク

この記事でできるようになること

【興味を満たすためだけか、はたまた、購入する超お金持ちが見るかもしれない、、、こればかりは読み物と思ってください!】

[セイコー]SEIKO 腕時計 SPIRIT スピリット SCDC037 メンズ


世界三大高級腕時計メーカーとは

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は watches-3518474_1920.jpg です

いわゆる高級腕時計といえばロレックスやオメガ、タグホイヤー、ウブロなどをイメージされる方がいると思います。

例えば、ロレックスであれば知名度が高く、普段身に着けることでステータスや女性ウケが得られるため、人生で一度は手にしてみたい腕時計ブランドです。

しかし、一流のセレブにとってはオメガやロレックスなどを超える高価な高級腕時計ブランドがあります。

それは「世界三大高級腕時計ブランド」と言われ、3つの超高級腕時計ブランド、パテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタンです。

腕時計に詳しくない方にとっては聞いたことがないブランド名かもしれません。

しかし、そのどれもスイスの超が付くほどの名門中の名門であり、伝統を重んじ歴史が長く、世界的にそのステータスが認められている最高峰の腕時計ブランドです。

値段は数百万円~数千万円以上と破格ですが、成功者なら誰しも一度は手にしたいと憧れる超一流の腕時計だといえます。

今回はこの世界三大高級腕時計ブランドの歴史や特徴、オススメモデル、価格などをご紹介できればと思います!!

それでは行ってみましょう!!

ヴァシュロン・コンスタンタン

https://item.rakuten.co.jp/jackroad/2314004/

卓越した精巧な技術と格式高い伝統が織りなし、他を圧倒する260年以上の歴史ある最高級時計メーカー。

世界三大高級腕時計ブランドの1つ。 パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲと共に世界三大高級時計メーカーの一つとされています。

1755年の創業以来、260年以上一度も途切れることなく優れた時計を作り続ける、世界最古の時計マニュファクチュールです。

厳格な品質基準「ジュネーブシール」をも取得する長年の卓越した技術と、格式高い伝統とシンプルさが一体となった他を圧倒する超名門時計ブランドです。

トゥールビヨンを始めとする複雑な機構を持つ機械式時計のほか、宝石を多用した宝飾時計で知られています。

18世紀といえば時計王国はイギリスのことを指す中、スイス時計には廉価版の印象が残っていた時代に、そのイメージを払拭させた第一人者でもある時計メーカー。

歴史

ヴァシュロン・コンスタンタンは、スイスのジュネーヴを本拠地とする時計メーカー。バセロン・コンスタンチンとも表記されます。

ジャン=マルク・ヴァシュロンJean-Marc Vacheron )によって1755年に創業。

継続的に時計を製造してきたメーカーとしては世界最古とされています。

ヴァシュロンが24歳の時、時計工房を開き、1755年9月17日に一人の見習い職人を雇ったのが始まり。

3代目のジャック・バルセレミイ・ヴァシュロンが1819年にフランソワ・コンスタンタンを共同経営者として迎え入れ、1839年に正式に社名が「Vacheron&Constantin(ヴァシュロン・コンスタンタン)」になりました。

1880年にはマルタ十字軍のシンボルマークに由来するマルタ・クロスをトレードマークとして取り入れました。

時計メーカーとしては最古級の歴史ですが、実際に腕時計の製造をスタートしたのは1910年。1938年にはジャガー・ルクルトと契約し腕時計機械のほとんどはジャガー・ルクルト製のものとなります。

その機械のパフォーマンスは「ジュネーブシール」規格を取得するために徹底したものばかりでした。

しかしながら、1940年に経営不振からチャールズ・コンスタンタンは大半の株式をジョルジュ・ケッテラーに売却、同社の経営は創業のバセロン家、コンスタンチン家から離れますが、会社の主要形態は変わらず、むしろジャガー・ルクルト製機械を搭載した高級ウォッチの販売は好調でした。

1970年代のクォーツ・ショックによるダメージから1980年代のはじめサウジアラビアの石油王ヤマニが「ヴァシュロン・コンスタンタン」の商標権を買取り、さらに1996年になって南アフリカの有力者でヴァンドームグループのオーナーである、ヨハン・ルパートが同商標を手に入れ今日に至ります。

様々な方を魅了し、巻き込みながら今日に至り長く続いた歴史があります。

様々な複雑機構の開発で知られ、鐘の音で分単位の時刻を知らせる「ミニッツリピーター」、部品点数820個の超絶モデル「グランド・コンプリケーション」を製品化し、一躍有名になりました。

価格

新品で100万円~300万円台がメインですが、数千万円という破格の価格の時計もあります。

そのため、「雲上ブランド」とも言われています。

代表モデル「オーバーシーズ」をはじめ、伝統的な技術と現代的なデザインを融合させた「マルタ」芸術的な装飾が施されクラシックで格調高い雰囲気をもつ「パトリモニー」

オーデマ・ピゲ

一世紀を超えて未曾有の複雑時計をつくり続け、卓越した技術力を今現在も継承する世界最高峰の高級時計メーカー。

世界三大高級腕時計ブランドの1つ。 パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと共に世界三大高級時計メーカーの一つとされています。

歴史

時計職人の家で育ち、幼少期から時計作りの英才教育を受けていたサラブレッド ジュール゠ルイ・オーデマは仕上げ職人であり幼馴染みでもあるエドワード゠オーギュスト・ピゲと共に、複雑なメカニズムの時計を開発製造することを決めました。

二人は時計づくりと精度を追求するアートへの強い情熱をもっており、それが今日もブランドの性格に生かされています。

1882年に二人の名を冠したオーデマピゲを設立。

1889年に600個以上に及ぶパーツを手作業で組み上げた超複雑時計「グランコンプカシオン」を完成させ、1946年に厚さ2mmに満たない世界最薄のムーブメントを開発

価格

新品で100万円~300万円台がメインですが、数千万円という破格の価格の時計もあります。

そのため、「雲上ブランド」とも言われています。

スティールケースに八角形のベゼル、文字盤のタペストリー模様が特徴の代表作「ロイヤルオーク」、ロイヤルオークのスポーツ色をさらに強めた「ロイヤルオークオフショア」、楕円形の独特のフォルムが特徴的な「ミレネリー」、ドレスウォッチコレクション「ジュールオーデマ」などがあります。

パテック・フィリップ

「世界一の腕時計」と称される、スイス時計界でも別格として知られる超名門高級時計メーカー。

世界三大高級腕時計ブランドの1つ。 ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲと共に世界三大高級時計メーカーの一つとされています。

その中でもパテック・フィリップは頭一つ抜け出た存在であり、世界一の時計ブランドとされています。

世界一高価な腕時計を販売するマニュファクチュールとしても知られています。

パテック・フィリップ大図鑑

歴史

1839年に2人のポーランド人アントニ・パテックとフランチシェック・チャペックが 「Patek, Czapek & Cie」を創業、これより1850年ごろまでポーランドの歴史と文化に関連したデザインの懐中時計をオーダーメイドで製造した。

その後、事業の拡大と再建、買収劇などを経て現在に至ります。

1845年に開発した懐中時計「ミニットリピーター」は第1回万博で金メダルを獲得し、その後もパテック・フィリップが時計史に残した功績は数知れず。

パテック・フィリップが今もなお、スイス時計界の頂点に君臨するのは、惜しみなく時間をかけ、丹念なハンドクラフトによって完成する驚くべきほどに高い精度、芸術的なまでに高い品質、格式高い伝統と歴史を感じさせるクラシックさがあるからです。

100年以上前のモデルでも必ず修理すると公言するのは、唯一パテック・フィリップだけなのです。

また、過去にはカルティエ、ティファニー、ギュブラン(Guberin )、ゴンドーロ・ラブリオ等宝石店向けに製品を納入していました。それが名声の確立につながりました。

https://www.ablogtowatch.com/patek-philippe-5930g-chronograph-world-time-watch/

さらに、かつては多くの製品がジュネーヴシールの認証を受けていたが、現在は自社独自の認証マークである「パテック・フィリップ・シール」に切り替わりました。

製作記念台帳に全ての購入者を記録しており、その中にはヴィクトリア女王、エリーザベト王妃、アインシュタイン、ヴィルヘルム1世、ワーグナー、チャイコフスキー、フルトヴェングラー、トルストイ、プーシキン、ウォルト・ディズニー、クラーク・ゲーブル等の名前があります。

特に1851年に、英国ヴィクトリア女王がブローチ型懐中時計を購入したことにより、パテック・フィリップの名声が一躍広まりました。

価格

新品で150万円~数千万円台がメインですが、数億円という破格の価格の時計もあります。

そのため、「雲上ブランドの中の雲上ブランド」とも言われています。

グランドコンプリケーションはパテック・フィリップの中でも最高峰のモデルです。

カラトラバ【Calatrava】:1932年、美的表現の最先端を目指して誕生したシンプルモデルの代表格。「ドレスウォッチの完成形」とも称えられ、ラウンドケースのピュアな美しさを現代に伝えています。80年以上続く腕時計のロングセラー。

他にも、ノーチラス、アクアノート、ゴンドーロなどのブランドがあります。

余談:ブランド戦略

どんなに古い自社時計についても修理することができる「永久修理」を宣伝しているため、「パテック・フィリップの時計は一生もの」というブランドイメージを構築することに成功しています。しかし、保証期間(通常2年間)が過ぎた時計については、当然のことながら有料修理であり、またオリジナル部品を長期にわたって保持することを保証するものではないため、オリジナル部品の在庫がなくなった時点以降はオリジナル部品を使った修復ではなく、その時どきで製造可能な代替部品を使ってのメンテナンスとなります。その場合、必要な代替部品を新たに製造するコストは個々のユーザーの負担となり、時計の購入価格を大きく超える修理代金を請求されるケースも多いのが実情です。

また、パテック・フィリップはオークションで古い自社時計を高値で買い戻すことによって、「パテック・フィリップの時計の中古市場価値を保たせる」というビジネス戦略をとっています。その結果、上記の「パテック・フィリップの時計は一生もの」というブランドイメージの宣伝にも役立っているのです。


最後に

更新があれば、その都度増えていくと思います!ぜひお楽しみにしてください。

さらに、時計に関する様々な疑問も扱っていきます!!以下、ご参考になれば幸いです。

また、ファッション初心者、自分のファッションを変えたい、モテ男になりたい、コーディネート方法を知りたい、女性ウケするメンズコーデをしたいという方のために!!

上記のメンズはまずメンズファッションレンタル「ZAPATOS(ザパトス)」を試してみることをおすすめします!

今のところは、これが「最も効率的にメンズファッションを学ぶ方法」だと思います。

正直、一回使ってみて微妙であれば、解約しちゃえばいいので(笑)

もし興味があればリンクを張っておくので、ぜひ見てみてください!

コメント

  1. […] よくある疑問:世界三大腕時計メーカーとは ( […]

  2. […] よくある疑問:世界三大腕時計メーカーとは ( […]

  3. […] よくある疑問:世界三大腕時計メーカーとは ( […]

  4. […] よくある疑問:世界三大腕時計メーカーとは […]

  5. […] よくある疑問:世界三大腕時計メーカーとは ( […]

  6. […] よくある疑問:世界三大腕時計メーカーとは ( […]

タイトルとURLをコピーしました