スポンサーリンク

【男前筋トレ】筋肉トレーニングした後にプロテインを摂取するべき理由って知ってる?

ボディ

みなさんこんにちは!男前生活筋肉記事担当のKKです。

…みなさんには過去に様々な筋肉トレーニング方法を教えてきましたね!

胸筋、腹筋、背筋…ありとあらゆる筋肉を鍛えることによって、スリムでバキバキの体形を手に入れることが出来る上に、スーツやシャツを着たときのシルエットがめちゃくちゃかっこよくなる筋トレは本当に最高のトレーニングです。

そんな筋肉トレーニングなのですが、記事内で「筋トレしたら30分以内にプロテインを摂取しよう!」と言っていたのを覚えていますか?

KENTO
KENTO

あぁ、プロテインを飲もうって言っていたけれど、特にプロテインの重要性を感じていないし、飲んでないや笑

そう、この人のようにプロテインを飲む理由がイマイチわからない、もしくはプロテインのすごさをあまり理解していないためにプロテインが飲まれていないのが現実です。

せっかく筋肉トレーニングをするのに、それではあまりにももったいない。

そこで今回は、プロテインの素晴らしさと魅力、飲むことによって得られる効果について紹介していきたいと思います!!

謎の男
謎の男

この記事を読めば「筋トレ後にプロテインを飲む理由」がわかるぞい!

スポンサーリンク

筋肉トレーニングの効果を抜群に飛躍させる神の飲み物プロテインを紹介!

そもそもプロテインって何を言っているの?

さて、プロテインの素晴らしさを話す前にプロテインとはそもそも何を意味しているのか確認をしていきましょう。

プロテインとは日本語でいうところの”タンパク質”を表しています。

つまり「たんぱく質=プロテイン」だと思ってくれればOKです。

たんぱく質自体はアミノ酸がいくつか集まった分子であり、食べ物に含まれているたんぱく質は消化器で一度消化され、アミノ酸に分解されます。その後腸内部で分解されたアミノ酸が吸収され、体内部でたんぱく質に再構築されるのです。

たんぱく質は学校の家庭科で学んだように人体の重要な部位(爪、髪の毛、筋肉、内臓、骨、血液)で再構築されるため、たんぱく質を食事で摂取することは生きていく上で必要不可欠です。

KENTO
KENTO

KKさんってただの筋肉バカだと思っていたけど、そうではないんだね!!!

「たんぱく質」という大きなくくりになっているため認知されにくいのですが、たんぱく質は人体にさまざまな形で約5万~10万種類ほど存在しており、筋肉を作り出すものから呼吸に関係するたんぱく質までいるのです。

この情報を聞くとなんだかたんぱく質をいますぐにでも摂取しなければいけない気がしてきますよね…?

KENTO
KENTO

う~ん。まだプロテインのすごさがイマイチだなぁ~笑

….そうですか。

では頑固なKENTOさんの為に、プロテインを摂取しなければどうなるのかを説明していきましょう!

プロテインを摂取する必要性について

確かに人体のほとんどを形成するたんぱく質なのですが、食べ物でたんぱく質を摂取しなければいったいどうなってしまうのでしょうか?

…実は恐ろしいことに、たんぱく質を摂取しなければせっかく筋トレで築き上げた筋肉が減少してしまうのです!!これはヤバい!!

たんぱく質不足がもたらすのは筋肉の現象だけではありません。体力や免疫力、回復力の低下や髪の毛のハリや艶がなくなってしまうのです。

KENTO
KENTO

えぇ!?それはマジでヤバいじゃん!?どうしてそうなるの??

その理由は非常に簡単。先ほども言ったように人体のほとんどがたんぱく質によって形成されているからです。

たんぱく質のほとんどは筋肉に蓄えられていきます。

たんぱく質が摂取されている状態なのであれば、筋肉に蓄えられたたんぱく質を使う必要はないのですが、たんぱく質不足に陥るとそうはいきません。

筋肉に溜めてあったたんぱく質を利用して、生命活動を維持しなければならないため、同時に筋肉が減少していきます。

筋肉に蓄えられていたたんぱく質も足りなくなってしまったら、血液や骨、皮膚、髪の毛の形成をすることが難しくなってしまいます。

つまりたんぱく質の減少によって髪の毛のハリがなくなってしまったり、回復力の低下につながっていくわけですね。

KENTO
KENTO

そ…そういう事か。たんぱく質を取らなければいけない理由がわかったぞ!!

タンパク質が不足する恐ろしさを知っていただいたところで、効率的にたんぱく質を摂取できる食べ物を紹介していきましょう!

プロテインが多く含まれている食べ物を紹介!

さて、ではさっそくたんぱく質が豊富な食べ物を見ていきましょう!

KENTO
KENTO

早く!!早く俺にたんぱく質を摂取させてくれぇ~~筋肉が減少してしまうよ~(´;ω;`)ウゥゥ

・まず、たんぱく質の代表と言えばお肉です。

お肉には牛肉100gあたり17g、豚肉は14g、鶏肉は25gのたんぱく質が含まれています。よくボディービルダーの人たちは鶏肉のささみを食べているという話を聞いたことがあるかもしれませんが、これはたんぱく質量の多さと脂質の少なさにあります。

牛肉や豚肉でもたんぱく質は摂取することは出来ますが、脂質を摂取しすぎてしまう可能性があるため、鶏肉がおススメです。

・手軽にたんぱく質が摂取できる卵が最高!

たんぱく質の摂取と言えば卵を思い浮かべた人も少なくないのでは?

実際、卵には100gあたり12gのたんぱく質が含まれています。

ただ、卵はたんぱく質以外にもマグネシウム、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、鉄…というように数多くのビタミン・ミネラルが含まれている食材の中でもかなり稀有なものになります。

さすが完全栄養食と謳われるだけある食材ですね!

・植物性たんぱく質の大豆製品もたんぱく質は摂取できるぞ!

実はたんぱく質は大きく2つに分類することが出来ます。

一つはお肉や卵などから摂取可能な動物性たんぱく質

もう一つは大豆製品などの植物から摂取可能な植物性たんぱく質です。

納豆やお豆腐といった食材から摂取できるタンパク質は総じて植物性のたんぱく質だという事が出来ます。

植物性のたんぱく質はアミノ酸のバランスが悪いため、良質なたんぱく質ではないと言われることもありますが、同時に摂取できるOmega-3脂肪酸などは体に良い脂肪酸であるため、一長一短なのが現実です。

ただ、これだけ身近にある食べ物の中にたんぱく質が含まれているため、バランスの良い食事を心がければたんぱく質不足にはならないでしょう。

KENTO
KENTO

いや、忙しくて一日コンビニ弁当しか口にしないんだけど、そういう時はどうしたらいいのかな…?

…なるほど。

確かに会社や勉強が忙しくて毎日健康的な(たんぱく質が十分摂取できる)食生活が維持できる人がすべてだとは思いません。

では、食事から十分なたんぱく質を摂取できない人向けに、市販のプロテイン商品からたんぱく質を補う方法を教えましょう!

おすすめの市販のプロテイン食品・飲料

普段の食事でプロテインを摂取することが難しい人向けにおすすめな、市販のプロテイン商品。

市販のプロテインと言うと、ドラックストアで売っている大きめの袋に入った粉状の商品を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、その粉状のプロテインは牛乳や水に非常に溶けにくく、ダマになってしまうために飲みにくさを覚える人も多いと思います。

そんな粉状のプロテインは正直もう時代遅れです。

プロテインの粉が溶けなくてイライラする人に是非試してほしいプロテイン商品が「ZABASのミルクプロテイン ココア味」です。

(これはいままでの粉状のプロテイン)

この商品は味、飲みやすさ、手軽さが揃った、筋肉界隈に激震が走った画期的な商品です。

この商品に追随するようにさまざまな会社が類似の商品を販売しましたが、やはり飲みやすさで言えばMEIJIさんのミルクプロテインです。

また、そもそも乳製品が好きではない、ドロドロした液体は飲みたくないという人はサプリメントでのたんぱく質の摂取も良いでしょう。

サプリメントであれば水でさっと流し込めるので、手軽ですしお腹にたまることもありません。

男前生活のUtah【ユタ】
男前生活のUtah【ユタ】

プロテインって最高だよね!!

また、おやつ感覚でプロテインを摂取したいという人は森永のプロテインバーが一番おススメです。コンビニなんかで売っているのでめちゃくちゃ簡単にプロテインを補給することが出来ます。

このプロテインバーの素晴らしさは味のラインナップの広さにあります。

ベイクドチョコやグラノーラ、ウェファーナッツ、ウェファーバニラといった種類のなかで一番のおすすめはグラノーラですね!

レーズンや大麦、パフなどがアクセントになって食感が大好きです。

是非食べてみてくださいね!

KENTO
KENTO

こんなにもたくさんのプロテイン商品があるなんて知らなったぞ!!プロテインバーってめちゃくちゃおいしそう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事を読んでいただけたらプロテイン(たんぱく質)がいかに人体に重要で大切なものなのかを理解していただけたかと思われます。

記事内でも言ったように、本来であればバランスの良い食事からたんぱく質は十分得ることが可能なはずなのです。

しかし、忙しい毎日を送っていると食生活がおろそかになってしまう事は仕方のない事なのです。そのため、「最近プロテイン足りてないな…?」「筋肉量が減少して疲れやすくなったな。」「髪の毛がしおれてきてハリがなくなったな」と感じた時は市販のプロテイン商品を買ってみてはいかがでしょうか?

もちろん、プロテインは筋量を増やす手伝いをするだけなので、ムキムキのナイスボディを手に入れたければ筋肉トレーニングを欠かさずにやりましょう!

私が教えている筋肉トレーニングがたくさんあるから是非チェックしてね!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

タイトルとURLをコピーしました