スポンサーリンク

メンズ服のトータルコーデ系統別・ジャンル別に調べてみた!【ロック、お兄、アメカジ、スポーツMIX編】

トータルコーディネート

こんにちは、男前サポーターの太郎丸です。

今回は、男の服選びが一目でわかるコーデ特集②をご紹介したいと思います。

・ロック系
・お兄系
・アメカジ系
・スポーツ系MIX

時間がないという大人のメンズのために様々なコーデを取り上げていき、細かなテクニックもお伝えしていければと思っています!

前回のシンプルなコーデ最短メニューはコチラ▶︎メンズコーデ特集①【カジュアル、きれいめ、キレカジ、ノームコア編】

さて、さっそくジャンル別コーデ第2段といきますか! 気になるメニューを目次からタッチして気になるものだけサクッと見ちゃってくださいね。

スポンサーリンク

この記事を読んで出来るようになること

【大人のおしゃれな男前トータルコーデを最短コースでマスターできる】

【ロック系】

ーロック系ー
ロックミュージシャンのファッションをカジュアルに組み変えたスタイル。男の“カッコよさ”と“エレガンスさ”を合わせ持つ。革ジャン、スタッズベルト、スリムジーンズなどのアイテムが代表的。ロックを取り入れたコーデは男らしくワイルド。ロックの王道カラーである“ブラック”をベースに他の色を取り入れていくといい。ロックといえばアクセサリーが不可欠だが、ここではシンプルロックビューティーを目指すコーデを紹介。

Iラインシルエットで“シャープ”に決める!

レザージャケット×Tシャツ×ダメージジーンズ

ロック系の代名詞とも言えるのがレザージャケット。
“漢らしさ”をアピールできるのはもちろん、春・秋・冬と長い期間着まわせる上、何年も前から人々に愛され続けている不動の人気を誇るアウターでもあります。トレンドに流されない男前コーデを取り入れたいというメンズには、おすすめしたいアイテムの一つなんです!

レザージャケットを1枚着るだけでガラッと印象は変わりますが、大事なのがインナーに何を合わせるか。 柄つきシャツでもロック感がでていいけど、今も昔もシンプルが最強だったりします。

後ほど柄Tシャツを合わせたコーデも紹介しますが、まずはこちらのシンプルなインナーのコーデをご覧ください。

https://street-fashion-snap.com/post/88427675502/%E3%81%8A%E8%8C%B6%E7%9B%AE

レザージャケット(ブラック)にシャツ(ブラック)とダメージジーンズを合わせたロック風コーデ。 ロック系のベースカラーでもある黒をメインに、ダメージジーンズを履くことでワイルドさを演出しています。

この男性が着用しているジャケットはダブルライダースと呼ばれる種類。サイズは身体にフィットする細身のタイプですね。
ブカブカ過ぎるジャケットは“着られている感”がでてしまうのであまりおすすめできません…

おしゃれ度の約7割は「シルエット」で決まると言われています。

レザージャケットは上半身をスマートにまとめることが出来るので、なるべく自分の体形にフィットするものを選びましょう。
この男性はトップス・ボトムス共に細身のものを選んでいるため「Iラインシルエット」が出ています。Iラインシルエットの特徴は、全身がスラリとスタイリッシュに大人っぽく見られるという点にあります。

おしゃれ初心者や身長が低いというメンズにもおすすめです! (ダメージジーンズでなくても、この場合はきれいな足のラインが見えるスキニーパンツでも応用可です)

レザージャケットにカーディガンもアリ

https://street-fashion-snap.com/post/81282238052/%E9%BB%92%E3%81%A7%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99

レザージャケット×シャツ+カーディガン×ワイドパンツ

こちらはロック系の良さが出ている全身ブラックコーデ。
男性が着ているのはシングルライダースと呼ばれる種類のレザージャケット。シングルタイプは見て分かる通り前立てがシングルになっているので、誰が着てもカジュアルに馴染み、シンプルに色々なコーデへと取り入れることができます。

シングルライダースはレジャージャケット初心者でも、始めやすいロック系アイテムとも言えます。 そしてもう一つ注目したいのがインナーのシャツとカーディガンです。 この組み合わせは王道とも言えるレイヤード(重ね着)スタイルのパターンで、ロック系のレザージャケットと組み合わせることで大人カッコいいファッションに。ワイドパンツのゆとりも相まって大人の余裕が醸し出されています。

ここで押さえておきたいレザージャケットの着こなし方は「インナーはアウターより長い丈にする」こと。 インナーで腰のラインを曖昧にすることで“脚長効果”が見込めるのです。 長すぎはだらしなさが出てしまうので、ジャケットの丈から+5センチ程度出すというイメージでOKです。

時には柄がロックさを演出

https://street-fashion-snap.com/post/82688628647/%E3%82%B9%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84%E5%91%B3%E3%81%A0%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BE%E3%81%99

MA-1ジャケット×プリントTシャツ×スキニーパンツ

MA-1ジャケットはナイロン素材でつくられたフライトジャケットの一種で、男らしさがでる王道の軍ものアウター。

余計な装飾があまりされていないので、極めてシンプルな印象のアイテム。 この写真はインナーにプリントTシャツをメインにしていますが、シンプルに決めたいなら白シャツオンリーのインナーでも断然OK!

シンプルなシャツは誰にでも似合いますし、女子ウケも抜群です。 トータルコーデとしては黒をベースにしているので、ロック系のファッションとしてもアリな一例。ボトムスは脚のシルエットがきれいにでるスキニーパンツを履くことで、下半身が細くスマートに見えます。

ロックといえばスキニーパンツの黒!
ある種マストアイテム的な位置づけでもあり、どのファッション分野でも応用もできるので一着持っているだけでとても便利です。

インパクトあるプリントデザインを主役に

https://street-fashion-snap.com/post/61541120773

プリントシャツ×トレーナーパンツ

ロックなシャツはクールでカッコいいですよね。
こちらの男性は、黒ベースの生地に白い大冠が逆さにプリントされたシャツをトップスに選んでいます。 ロックファッションの定番といえば「スカル」ですが、この王冠デザインもGOOD!
ドーンとシャツにプリントされた王冠がコーデの主役的存在感を放ちます。

トレーナーパンツが少しダボッと感を出しているので、絶妙なカジュアルさを生み出しています。 好きなロック系バンドがいるならそのロゴが入ったシャツを着てみるのもよし、自分で気に入ったデザインのシャツを着るのもよしです。

プリントTシャツは大人メンズの“遊び心”を表現するのに便利なアイテム。
個性をもっと出したいと考えていたり、味気ないファッションに面白味を加えたいと考えているメンズにおすすめ。

ロック系ですから大きめのデザインが派手にのっているシャツが多いですよね。
派手すぎる…というメンズは胸元に小さなロゴが入った控えめデザインから始めてみるのも手です。

【お兄系】

ーお兄系ー
男性がもつ「ワイルド」「セクシー」「華麗」などの要素を引き出すファッションスタイルのこと。俗に言うホスト系とギャル男系の中間的位置づけで、革靴やシルバーのアクセサリーを身につけることが多い。ダウンジャケット、スーツ、サングラスなどのアイテムを取り入れることもある。茶や黒などの落ち着いたカラーが特徴。お兄系といえば派手にスタイリングした髪の20代前半までのイメージがあるが、今回はシンプル&クールを意識した大人のお兄系コーデを特集。

黒で固めるトータルコーデでクールなスタイルに

https://street-fashion-snap.com/post/98876711897/%E8%82%A9%E6%8E%9B%E3%81%91

テーラードジャケット×シャツ×テーパードパンツ

「そこのお兄さま!! 超カッコいいっす…!」なんて声をかけたくなっちゃうこちらのお兄系コーデ。全てを黒でまとめ、サングラスと革靴を取り入れることでカッコいい男のワイルド&クール感が出ています。

テーラードジャケットは圧倒的にスタイリングしやすいシングルテーラードジャケットを選び、半袖のシャツ、テーパードパンツを合わせすっきり爽やかな印象に。

どんなジャケットがいいのか分からないという時は、このシングルテイラードジャケット(ブラック)が断然イイです!
シングルテイラードはボタンをしめた時でも首周りを隠すことなく“見せる”ことができます。そして、スーツの上着部分であるだけに、シンプルで着回し力抜群なんです。テーラードはボタンをしめた時でも首周りを隠すことなく“見せる”ことができます。そして、スーツの上着部分であるだけに、シンプルで着回し力抜群なんです。

そしてボトムスは丈を少し短めにすることで、足元の革靴を美しくすっきりと見せています。
お兄系の特徴でもある革靴はぜひ採用してほしい。
手元のシルバー時計もさりげなく男前度を見せつけてくれていますね。

白のテーラードジャケットが男の上品さを格上げする

https://street-fashion-snap.com/post/67534031003

テーラードジャケット×シャツ×スキニーパンツ

今度は白のシングルテイラードジャケット。
先ほど黒のテイラードはスタイリングしやすい! と説明しましたが、白となるとちょっと難易度が上がります。しかし、白はコーデの中に清潔感や上品さを印象づけるカラーなので、男の上品さと爽やかさを出して男前になりたい! というメンズにぜひ挑戦してもらいたい。

写真の男性は、白のジャケットサイズがフィットしているためまさに様になっています。 これがダボダボだったらどうでしょう…? いくらおしゃれを意識していてもだらしなくなってしまいますよね。 そのためやっぱりサイズ感は大事なのです。

そしてもう一つ注目してほしいのが「ボタン」。 テイラードジャケットは、一番下のボタンをとめないようにするのが基本的なマナー。 ジャケットを着たまま着席する場合はボタンを全て外しましょう。

マスターロールでクール&爽やかさUP!

つづいては、上記2つの例よりはカジュアルに落とし込んだようなお兄系コーデを紹介します。 この写真をご覧ください。

https://street-fashion-snap.com/post/22652960377

テーラードジャケット×Tシャツ×チノパン

インナーのTシャツとチノパンがそれぞれ白なのでパッと見ても爽やかさが目立ちますね!
テイラードジャケットのカッコいい着こなし方として「マスターロール」という腕まくりのテクニックがあります。

この男性がしているように、腕まくりをするなら断然マスターロールがおすすめ!
ただ袖を上げただけではシワが目立ち、腕まわりが不格好に見えてしまいます。 そんな時に袖先をカッコよく目立たせるマスターロールをすることで、袖の形や裏地の柄をおしゃれに見せることができるのです。

爽やかな男の腕を見せられれば、女性からも「男らしくてかっこいい…!」と思ってもらえます。
ロールアップはカジュアルめのジャケットが相性抜群で、カチッとし過ぎたテーラードはあまり向いていません。

【アメカジ系】

ーアメカジ系ー
アメリカンカジュアルの略称で、ワイルドな印象が強い男前度の高いジャンル。定番はプリントTシャツ、デニムシャツ、VネックTシャツ、ダウン、スタジャン、デニム、チノパンなど。

スタジャンが要の爽やかコーデ

https://street-fashion-snap.com/post/88274374452/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%AD

スタジャン×シャツ×チノパン

スタジャンはアメカジ系コーデの王道アイテム。生地が厚く秋・冬アウターとして防寒性にも優れるため、メンズの強い味方となってくれます。
選ぶポイントは以下の通り。

①シンプルコーデ→身頃と袖がワントーンのスタジャンを選ぶ。例)黒×黒
②こなれコーデ→身頃と袖がバイカラーのスタジャンを選ぶ。例)ベージュ×赤

バイカラーの中でも青や赤など定番カラーはこなれ感がでてコーデに良い味を出してくれます。
より大人っぽさを出したい時は落ち着いた色(黒や茶など)のバイカラーもおすすめ。

こちらの写真はネイビーのスタジャンにインナーはシンプルなシャツ、ボトムスには明るめのチノパンを合わせています。実は、スタジャンコーデにおいてインナーをシンプルに合わせるということは重要なポイント。

コーデの要ともなるスタジャン以外のアイテムが目立ちすぎてしまうと、全体的にバランスが崩れてしまうからです。そして写真のように青系×白系など同系色でまとまりあるコーデにしてみるとさらにGoodです。


ミリタリージャケットコーデをシンプルに落とし込む

ミリタリージャケットは渋カッコいい男の風格を出してくれるアイテム。 元々は軍関係者が着用していたジャケットのため、軍服に用いられているようなディティール(エポーレット・ボタンダウンポケットなど)が散りばめられているのが特徴。
そんなミリタリージャケットの渋コーデをご紹介します。

https://street-fashion-snap.com/post/82342798152/%E6%B8%8B%E3%81%84%E3%81%A3

ミリタリージャケット×ベスト×Yシャツ×チノパン

この男性が着ているミリタリージャケットは、MA-1やM-65と比べると現代版にやわらかくなったようなシルエットが特徴的です。そして、インナーのベストにシャツやネクタイがカッチリきまっていて紳士的ですね!

足元の革靴も質感が伝わってくるくらい、大人っぽい上品さが感じられます。
ミリタリージャケットは濃い色合いのものが多いのでインナーに合わせるアイテムはシンプル系が断然おすすめ。ジャケットは「男らしさ」が際立っているので、こうすることでカジュアルになり過ぎず上品で紳士的な印象にすることができます。

ジージャン+爽やかボーダーインナー

https://street-fashion-snap.com/post/81837439854/g%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E8%85%95%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E9%95%B7%E8%A2%96%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%83%E3%82%8C

ジージャン×ボーダーセーター×デニムパンツ

アメカジ系コーデに武骨さやタフな感じをプラスするのがジージャン。 カットソーやシャツの上から羽織れて気軽におしゃれを楽しめるジージャンは、男前を目指すメンズの強い味方になってくれます。

こちらの写真は、ジージャンにボーダーセーターとデニムパンツを合わせたコーデ。 ホワイト×ネイビーの細めボーダーはコーデを爽やかに見せることができ、首回りが落ち着いて見えるのでおすすめです。

ジージャンの袖をロールアップにしているのも、カジュアル感を出すためには効果的! 折り目が大きいほど男らしく見えるので、アメカジコーデにもってこいのテクニックです。

デニム×デニムコーデにはアクセントを入れて

一見難しそうにも見えるデニム×デニムのコーデですが、実は意外と簡単に着こなすことができるのです。 まずはこちらの写真をご覧ください。

https://street-fashion-snap.com/post/79921821071/%E3%83%87%E3%83%8B%E3%83%A0%E5%85%84%E5%BC%9F

ジージャン×デニムパンツ

同系色のトップス(ジージャン)とボトムス(デニムパンツ)で合わせたこちらのコーデ。 デニム×デニムの組み合わせで気をつけておきたいのが、アクセントを必ず入れるということ。 アクセントがないと、上下とも作業着のような印象になってしまう恐れが。。。

この写真のようにーー首元に明るいマフラーをもってきたり、インナーにデニム以外のアイテムをもってきたり、腰にベルトorチェーンをつけるなどすると、一辺倒にならず着こなすことができます。 また、裾や袖をロールアップにすることでより“こなれ感”を出すことがでるのでぜひ試してみて!

愛してやまないスウェットの魅力

https://street-fashion-snap.com/post/69456340734

スウェット×デニムパンツ

ラフで爽やかな印象を与えられるアメカジアイテムが、スウェットです。トレンドに関係なく、幅広い年代でメンズから愛されるスウェットには、シンプルながらたくさんの魅力がつまっています。まず、着るだけでおしゃれなラフ感がでます。そして何より着心地抜群なんですね。そんなわけで普遍的な人気があるのは間違いなし。

この男性の場合、スウェット×デニムパンツで上半身にボリュームがあり、下半身が細いYシルエットが出ています。この上下バランスはより大人っぽいコーデを意識する上で大切なポイント。

デニムパンツはアメカジの定番ですが、この場合は自分の脚にフィットしたきれいめラインのでるものを選ぶといいです。

武骨さを控えめにするならきれいめを+

https://street-fashion-snap.com/post/69456753453/%E3%81%93%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E8%A2%AB%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%81%9F%E4%BC%BC%E5%90%88%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%E3%81%AD-%E3%81%B5%E3%81%A4%E3%81%86%E3%81%A0%E3%81%A8%E9%9B%A3%E3%81%97%E3%81%84%E6%B0%97%E3%81%8C%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99

ミリタリージャケット×シャツ×テーパードパンツ

男のワイルドさを出してくれるミリタリージャケットですが、一緒に合わせるアイテムによっては清潔感が感じられなくなります。
この写真の場合は、インナーにきれいめ系の爽やかな青シャツを合わせ、テーパードパンツを履くことで清潔感も感じられます。シャツはミリタリージャケットと相性抜群なので、アメカジコーデの参考にしたいですね!

このように、アメカジ系で武骨過ぎるのは着づらい…という場合はきれいめアイテムを取り入れてみるとよいでしょう。 テーパードパンツは裾にかけて細身になっていくのが特徴なので、足元をすっきりとまとめることができます。脚を細く長く見せたいというメンズにおすすめのアイテムなので、ぜひコーデに取り入れてみて!

スポーティーなハイテクスニーカーを合わせてみる

https://street-fashion-snap.com/post/68340844704/%E5%B8%BD%E5%AD%90%E3%81%AE%E6%B0%B4%E7%8E%89%E3%81%A8%E9%9D%B4%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%B0%B4%E7%8E%89%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84

デニムシャツ×Tシャツ×デニムパンツ

アメカジの武骨さやタフさを羽織るだけで演出してくれるのが、デニムジャケット。定番のライトブルーやインディゴブルーもいいけど、ベージュでやわらかい印象にしてみるのもアリです! こちらの写真は、ベージュのデニムシャツに白シャツ、デニムパンツを合わせたコーデ。

シャツにプリントされたアメリカ国旗がいかにもなアメカジテイストを出していますね! シャツにワンポイントでこういったデザインが入ったものをアメカジコーデに取り入れてみるだけで、随分と印象が異なります。

真っ赤なハイテクスニーカーはアメリカ国旗に使われている赤でもあるので、なんとなくアメカジの雰囲気にマッチした選択かもしれません。ニューバランスはハイテクスニーカーの代名詞とも言えるので、足元をタフに演出したいなら試してみて!
また、ハイテクスニーカーをデニムパンツに合わせる際は、裾をくるぶしまでロールアップすると足元を軽く見せてくれます。

【スポーツ系MIX】

ースポーツ系MIXー
日常的に着る服にいくつかスポーツテイストのアイテムを取り入れたファッションスタイルのこと。基本スタイルはシンプルなTシャツ、スウェットパンツ、スウェットパーカー、スニーカー、ジャージなど。スポーツブランドのロゴが目立つアイテムやリュックなどを合わせることでさらにスポーツ感がでる。

シンプルなシャツとスニーカーで

https://street-fashion-snap.com/post/43280743802

Tシャツ×スキニーパンツ×スニーカー

スポーツMIXの初心者におすすめしたいのが、シンプルなTシャツにスニーカーを取り入れたこちらのコーデ。 とりあえず迷ったら、スニーカーを履きましょう。質素なローテクスニーカーもいいですが、スポーツ感を強くしたいならハイテクスニーカーを選んでみるといいです。

ボトムスのスキニーパンツは定番の黒で、脚細効果を狙いましょう!
Tシャツとの相性も抜群なので、スポーツMIXにも簡単に取り入れることができます。
ポイントにリュックを背負っているのも高評価ですね。

ジージャンからちょい出しのフードがカッコいい

https://street-fashion-snap.com/post/120486979597/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

ジージャン×プルオーバーパーカー×チェックシャツ×スキニーパンツ

右側の男性に注目してみましょう。
ライトブルーのジージャンに、チェックシャツとプルオーバーパーカー、スキニーパンツを合わせたこちらのコーデ。 インナーとボトムスを黒で統一することで、ジージャンの爽やかさを強調しています。なおかつハイテクスニーカーやパーカーで程よくスポーツ感を演出しているので、スタイリッシュな印象に。

ジージャンにパーカーを重ねると首元にフードをちょい出しすることになり、それが顔の印象をやわらかくしてくれます。また、この男性のようにチェックのシャツをインナーにすることでこなれ感も出るので試してみたいポイントですね!

プルオーバーパーカーでラフな男に

https://street-fashion-snap.com/post/144501962242/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%A7

プルオーバーパーカー×デニムパンツ

春・秋では一枚サッと着るだけでおしゃれになり、冬ではアウターとの相性も良いプルオーバーパーカー。スポーティーな雰囲気があるので、コーデに一着取り入れるだけで格好良くきまります。

この写真では、シンプルなデザインがプリントされたパーカー、ダメージ加工のスキニーパンツを合わせています。全体的に黒で統一しています。黒はおしゃれ初心者でも入りやすい定番カラーなので、色の組み合わせに苦手意識をもつことなく挑戦できるでしょう。
そしてスポーティーなスニーカーもGood!

スキニーパンツは脚細効果があるので、短足で悩んでいるメンズにはおすすめ。余計なダボッと感がないので出来る限り脚を細く見せてくれるのです。トップスがオーバーサイズならボトムスをスキニーにすることで、メリハリのあるコーデになりますよ!

ロゴ入りトレシャツとパーカーで定番のコーデに

https://street-fashion-snap.com/post/122809232462/by-nigo

パーカー×トレーニングシャツ

トレーニングシャツにパーカーの組み合わせはスポーツMIX系の定番。ボトムスにはデニムパンツ、靴は爽やかな白いスニーカーを合わせてみるとトータルコーデとしても一気にまとまります。背中のロゴマークが大きくワンポイントで目立っているのもなかなか良いチョイスです。

グレーのパーカーは着回し力抜群で、サラッとシンプルに取り入れられてしまうのがポイント。季節を問わずにずっと気回したい場合は、自分のサイズにフィットするものを選びましょう。

オーバーサイズにしてしまうと、それ一枚で済む春・秋では活躍しますが冬になると重ね着しづらくなってしまいます。一方でぴったりすぎるとインナーの範囲が狭まってしまうのです。

最後に

メンズコーデ特集②ということで、今回は様々なジャンルをご紹介しました!
新しいジャンルのコーデに挑戦してみたいというメンズ、マンネリしたコーデを脱却したいというメンズはぜひ参考にしてみてください!

もっとおしゃれに自信を付けたいというメンズには「ZAPATOS(ザパトス)」というサイトがおすすめ。効率的にメンズファッションを学ぶことができ、役に立つ情報がたくさんあるので必見です。

それでは、次回もまたお会いしましょう! 男前サポーターの太郎丸がお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました