スポンサーリンク

20代後半のビジネスマンにおすすめなブランド腕時計をランキングにしてシンプルにまとめてみた!【男前腕時計集】

メンズアイテム

男前になるために、20代後半のデキる男におすすめな腕時計を知りたいという方にぜひ読んでほしい内容です!【ランキング】

執筆はOtokomae Style【男前生活スタイル】のUtahです。

今回は、「25歳~30歳くらいのデキる男性のために時計メーカーが作る本物の腕時計」について知ってもらうために書いていきます!

特に、モテ男になりたい、同僚の中でも一目置かれる存在になりたい、取引先との交渉を上手くしたい、女性ウケしたいという方にとって、知っていて絶対に損をしないテクニックやコーデの実践方法などを丁寧にシンプルに説明していきます。

あくまで男前生活が独自に「シンプルで女性にウケる、時計メーカーが作る本物の腕時計」をピックアップしています。

スポンサーリンク

この記事を読んでできるようになること

【20代後半に似合うシンプルでかっこいい落ち着いた腕時計のブランドを知ることで、男前になりたい、同僚の中で抜きんでたい、取引先との交渉を成功させたい、女性ウケしたい、周りと差をつけたいという方の願いを少しでも実現させる】

20代後半の男性が着けるべき腕時計とは

20代後半の男性は様々な経験をしたり、新社会人よりも仕事に慣れてきて、大事なポジションを任されてきたりと活躍が多くなってきたこの頃。

20代後半の男性にとって、自身のステータスやキャリア、ファッションセンスを表す腕時計は大切なファッションアイテム。

職場や夜遊びの場、バーや高級なレストランで、一目置かれる腕時計を身につけたいですよね?

女性は意外と男性のファッションを見ているものです。

もちろんただ高額な腕時計だからいいわけではありません。

20代後半の大人の男が注意すべきポイントは「時計メーカーが作るブランド腕時計」「シンプルが最強」の2つだけです!!

デキる男は時計メーカーが作るブランド腕時計を身に着ける

いつの時代も機械式時計は歴史、ロマンを感じるものです。

そして、デキる男の人たちは、伝統や歴史、ロマンを好みます。

また、斬新な最先端なものを好む人もいますが、やはり機械式腕時計で選ぶなら、伝統的な時計だけで勝負している時計メーカーにロマンを感じます。

これから紹介していく、デキる20代の男性に似合う腕時計もそうですが、ここではほかの腕時計も紹介します。

  • タグ・ホイヤー:高精度を追求し続けるレーシング時計の雄。
  • ゼニス:画期的なハイビートクロノグラフの先駆者。 1865年、スイスのル・ロックルで創業。1毎時3万6000振動の名機「エル・プリメロ」を開発し、このムーヴメントを搭載したクロノグラフを軸に、文字盤から機構が見える”オープン”モデルなどを展開。
  • セイコー:日本が誇る時計メーカー。世界中でも大人気。
  • グランドセイコー:日本が誇る最高峰の性能を持つメイドインジャパン高級腕時計メーカー。
  • シチズン:日本を代表する時計メーカー。
  • オメガ :二大有名ブランド時計メーカーの一つ。
  • ロレックス :二大有名ブランド時計メーカーの一つ。
  • I.W.C.:インターナショナルウォッチカンパニーの略。
  • ブライトリング: 航空業界とのつながりが強く、コクピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチを主力とし、「時計ではなく計器である」という理念のもとに、製品はすべてクロノメーター検定に合格したものである。スイスの時計メーカー。
  • ジャガー・ルクルト :世界で8番目に古いメーカー。数々の快挙や時計の歴史を作り上げる。腕時計好きならほしい逸品。
  • フランク・ミュラー:1992年に創設したブランド。80年代より画期的な複雑機構の腕時計を製作してきたが、創業後は古典を踏襲した「トノウ カーベックス」で一躍有名に。
  • パテック・フィリップ :世界三大高級時計メーカーの一つ。雲上ブランド。
  • オーデマ・ピゲ :世界三大高級時計メーカーの一つ。 雲上ブランド。
  • ヴァシュロン・コンスタンタン:世界三大高級時計メーカーの一つ。 雲上ブランド。
  • オフィチーネ・パネライ:イタリアの高級腕時計メーカー。
  • モリッツ・グロスマン:ドイツで2008年に復活。当時の伝統を継承し、機構から外装まで自社製ハンドメイドの質の高いクラシカルデザインモデル。
  • ランゲ&ゾーネ:ドイツの高級腕時計メーカー。
  • ブレゲ:フランスの高級腕時計メーカー。
  • H・モーザー&シエ:通がうなる機構を持つスイス高級時計。19世紀の同名時計師の工房を2002年に復活。2005年に自社製ヒゲゼンマイ搭載の作品を発表。高品質な機構とゴールドケースの豪華なスタイルで「エンデバー」「ベンチャー」「パイオニア」などを展開。
  • リシャール・ミル: 2001年に創業。従来のスイス時計とは異なるモダンなラグジュアリースタイルが特徴で、プロのアスリートが競技中に着用することでその強靭さを実証。独自の素材使いによる超軽量ボディも個性に。
  • ジラールペルゴ: 1791年、ジュネーブで創業。日本にスイス時計を伝えた初めてのブランドとしても知られている。
  • ボームアンドメルシエ:世界で6番目に古く、創業以来途絶えない経営。意外と知られていないスイスジュネーヴの名門時計メーカー。Φのマーク。
  • ブランパン:1735年、スイスのヴィルレで創業。現存する最古の時計ブランドといわれ、現在も機械式時計のみを製作。高機能なゴージャス仕様。
  • ウブロ:スイスのニヨンで創業した超高級時計メーカー。”フュージョン(融合)”をコンセプトに旗艦モデルの「ビッグ・バン」を発表。斬新な機構や素材使いで時計業界をつねにリード。

シンプルな時計は女性にモテるためには必須

ファッションをトータルで考え、「腕時計をシンプルにする」ことで女性からの評価も変わります。

やはり、 ブランド時計の多くがそのブランド力と存在感ある派手な見た目ゆえ、時に「いやらしい」と思われることがあるようです。

それは、一部の女性は喜びますが、もしかしたらあなたの意中の女性は嫌いかもしれません。

それも鑑みて、腕時計選びはしましょう!

他にも、腕時計でよくある疑問集として、こんなのを用意しておきました!!もっと増やしていきたいですが、今のところはこんな感じです。

よくある疑問:オメガとロレックスの違い

よくある疑問:世界三大腕時計メーカーとは

話は変わりますが、「真のモテる20代の男前のための腕時計」を発表していきますので、モテたいという想いがある方は見るべしです!

シリーズは自分で興味が出てくれば、調べていくと思いますので、ここでは歴史やその時計の強みやカラー、バックグラウンド、伝統などについて話していきたいと思います!

20代後半の男性におすすめの腕時計ブランド8選

ビジネスでの1本も、お休みの時の1本も、デートの時も間違いありません!

それは見ていきましょう!

ハミルトン

アメリカで培った技術力で、軍用時計や航空時計などの時計の歴史を作り続ける名門時計メーカー。

アメリカ発祥で、現在はスイスのスウォッチ・グループ傘下の腕時計ブランドです。生産モデルは宝飾腕時計からミリタリーウォッチまで幅広いのが特徴の時計メーカー。

歴史

1874年ごろ、創業地は米国ペンシルバニア州でアダムス&ペリー時計製造会社が設立されたのが起源

一般的な時計メーカーとは異なり、中小の時計企業の合併により誕生したのが特徴です。

1892年にキーストンスタンダード時計の資産を元にハミルトン時計(Hamilton Watch Company)が設立され、初めてハミルトンの名前が出てきました。

同年オーロラ時計Aurora Watch Company )を買収し、1893年に懐中時計の生産を始めました。

1910年に軍用時計の納入業者となります。

1917年には女性ペンダント時計用の0サイズムーブメントを使用し、第一次世界大戦に向かう兵士の為にハミルトン最初の腕時計であるカーキKhaki )の生産を開始。

1957年に世界初の電池で動く腕時計「ベンチュラ」(Ventura)を発表。

1970年に世界最初のLEDデジタル時計「パルサー」を発表。

社名は、発祥の地ペンシルベニア州ランカスターの土地の元所有者で、ペンシルベニア植民地総督及びフィラデルフィア市長も務めたジェイムズ・ハミルトンから由来しています。

鉄道時計や航空時計などで名声を得てきた名門であり、数々の傑作を世に生み出してきた時計メーカー。

最初に生産された懐中時計である「ブロードウェイ・リミテッド」は鉄道に正確さをもたらした時計として知られています。以後、ハミルトンは鉄道用時計のメーカーとして有名になりました。

1910年にはアメリカ陸軍への納入が開始、1912年にはハミルトン社の軍用時計が標準支給品となり、第一次世界大戦を通じて兵士にも行きわたり知名度を高めました。1930年に民間航空会社ができると、航空用時計としても採用されました。

第2次世界大戦中は、アメリカ軍へ船舶用の特殊時計「マリンクロノメーター」を生産し、軍用時計としての地位を確立しました。

1966年のスタンリー・キューブリック監督の2001年宇宙の旅をはじめ、メン・イン・ブラックやイントゥ・ザ・ブルーなど、数多くの映画に自社製品を積極的に登場しています。映画界への貢献も有名ななった要因の一つです。

近年はこうした歴史的タイムピースを復刻し、ムーブメント開発でもオリジナリティを発揮。

価格

価格は新品で2万5千円~20万円までがほとんどで、手に取りやすいモデルが多いのが特徴です。

グランドセイコー

https://www.pen-online.jp/feature/product/grandseiko_beautifultime_02/

日本を代表する、普遍性を追求した「精巧」の名を体現する日本男児に似合う時計メーカー。

かつて「おじさんの腕時計」なんて言われていたグランドセイコーですが、実は根強い時計ファンが多いブランドで「日本人の時計はグランドセイコーが一番!」という声もあるほどです。

ブランドコンセプトは「最高の普通」、「実用時計の最高峰」 なのです!

実際、メイドインジャパンの安心感も相まって、海外での評価も上がってきています。

歴史

1960年、初代グランドセイコーが諏訪精工舎で開発・発売されたのが最初。外装仕上げを従来最高級型の「ロードマーベル」以上にグレードアップしました。

発売時の価格は25000円で、1960年の上級国家公務員初任給が12,000円であった当時、日本製腕時計でも破格の高級品でありました。

ロレックス等のスイス高級時計メーカーは自社製品がスイス公認クロノメーター規格の検査に合格することが、高級時計である証のひとつだとしていますが、セイコーは公認クロノメーター規格よりさらに厳しい検査基準を制定し、これを「グランドセイコー規格」(GS規格)としました。1960年代中期以降のグランドセイコーは全てグランドセイコー規格に合格したものである。

発売当初は「クロノメーター」を名乗っていましたが、スイス公認試験を直接受けていない製品がクロノメーターを名乗ることにスイス側から批判があり、クロノメーターの呼称を取り下げたうえで、より厳しい自社規格のGS規格を制定しました。その後、これにもとづく製造、調整を図るようになりました。

2017年、母体となるセイコーから独立し、メンズのみならずレディースを含む購入層の拡大や海外市場への積極的な事業展開を着々と進めています。

特徴

グランドセイコーは、長年、基本が変わらない普遍的なデザインを踏襲しつつ、その時代における最高の技術で精巧に作られています。常に極限までの精度、信頼性と仕上げを追究し、スーツなどのフォーマルなスタイルに似合うシンプルで上質なデザインが特徴です。

また、セイコーが27年間の年月を掛けて完成させた、機械式、クォーツに続く第3の革新的な時計駆動方式であるスプリングドライブを採用していることも特徴的です。 機械式、クオーツ、スプリングドライブの3つの駆動装置をつくることができる時計メーカーは世界で唯一、セイコーだけです。

余談ですが、スイスの高級腕時計メーカーからスプリングドライブの供給を打診されたセイコーは断ったと言われていますが、真偽はわかりません!

https://www.grand-seiko.com/jp-ja/special/godzilla65th/

価格

新品で20万円~100万と価格に幅があります。

サラリーマンでも手を出せる価格となっているのも人気の理由です。(もちろん、高級時計ですが…)


タグ・ホイヤー

スポーツウォッチへの多大な貢献と精密計測・高精度・革新的な分野で別格のスイスの名門時計メーカー。

1860年から続く歴史に裏付けられた高い精度と、限界に挑戦し続ける革新的な性能。常に前進し続ける、スイスの時計メーカーのブランドです。ラグジュアリースポーツウォッチにも定評あり。

歴史

ドイツ系スイス人のエドワード・ホイヤー(1840年 – 1892年)が1860年に設立した。設立当初からストップウオッチや、クロノグラフといったスポーツウオッチの開発に力を注いでおり、クロノグラフの歴史に貢献しています。また、近年ではトゥールビヨンや磁気を利用した新たなムーブメントの開発を行っている革新的な企業でもあります。

また、2003年までフェラーリのF1公式計時を担当していましたが、フェラーリのF1の公式計時から撤退する一方で、現在はインディカーシリーズ(アメリカ最高峰のフォーミュラカーレース)の公式計時を担当しています。

創業者エドワード・ホイヤーが工房を持った時からの目標は、「時間の計測技術をより高度に発展させること」でした。タグ・ホイヤーの前進となる「ホイヤー社」当時から、技術においても素材の選択やデザインにおいても、創業者の理念通り、常に時計作りの最先端に位置してきた時計メーカーです。

価格帯

新品で15万円~50万円がほとんどです。

その他にも、数百万円を超えるモデルやシリーズもあります。

高級品なのは間違いないですが、40代の大人の男性であれば、手に入れられないことも無い逸品だと思います。


I.W.C.(インターナショナルウォッチカンパニー)

アメリカの精神とスイスの職人技で魅せる、スイス時計界最高峰の質実剛健な作りを持つ、スイス異端の時計メーカー。

アメリカの先進的な製造技術とスイス時計産業ならではの卓越した職人技を組み合わせた時計作り。 日本の時計業界でも古くから「インター」の通称で知られてきました。 端的に「質実剛健」と評される独自の社風を持つ時計メーカーとして知られています。

歴史

1868年、米国の腕時計職人だった創業者ジョーンズがスイスの異端シャフハウゼンにて創業。

創業時からスイスの伝統的技術とアメリカの機械自動化の製造技術を一体化し、効率的で完成度の高い時計作りを目標にしていました。

懐中時計が主流の時代から高い評価を受け、日本でも高級懐中時計の代名詞となっていた。

技術革新と創意工夫に情熱を傾け、今や世界屈指の高級時計ブランドとしての地位を確立し、究極の精度と独創的なデザインを融合させた、オート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)ならではの傑作を世に送り出している時計メーカーです。

一生使用できる、ブランド時計です。(個人的な感想ですが…)

様々なコレクションを出すたびに、大好評を博していく時計メーカーとしても知られています。

価格

新品で40万円~150万円がメインです。

安くないブランドなので、手が出しにくいですが、孫の代以上に壊れない時計作りをしているので、案外お買い得かもしれないです。

現在は「ポートフィノ」「インジュニア」「ポルトギーゼ」「アクアタイマー」「パイロットウォッチ」「ダ・ヴィンチ」の6つの商品ラインから構成されており、ブランド活性化の為に毎年1つのラインを一新する手法がとられています。

オメガ

Ω(究極)を体現する、数々の伝説を作り続ける名実ともに時計界の巨人と称される最強の時計メーカー。

歴史

1848年に 23歳のルイ・ブランがラ・ショー=ド=フォンにて懐中時計の組み立て工房を開いたのが最初。

1880年には一貫生産を行うマニファクチュールに成長し、1885年には「ラブラドール」が世界的に大ヒットし、時計界での地位を確立しました。

そして、20世紀には世界最大級の時計ブランドへと成長したオメガは、軍用時計の開発で技術に研きをかけ、1932年からオリンピック公式時計を担当しています。

人類初の月面着陸に同行した「スピードマスター」潜水艦ノーチラス号による太平洋海底地震調査で「シーマスター」が公式装備品に採用されるなど、技術力の高さとその名声以上の高精度の時計で、腕時計以外の様々な時計分野でも活躍の幅を伸ばしています。

価格

新品で20万円~100万と価格に幅があります。高いもので200万円ほどがあります。

サラリーマンでも手を出せる価格となっているのも人気の理由です。(もちろん、高級時計ですが…)

ちなみに高度経済成長期の日本で、俗に「オメガの腕時計、ロンソンのライター、パーカーの万年筆」が「男性の持ち物の一流品」として「三種の神器」になぞらえられた時期があります。

「シーマスター」「スピードマスター」はそれぞれ防水型やクロノグラフのネームとして、「コンステレーション」「デ・ビル」は高級機やドレスウォッチのネームとして、いずれも長年用いられている。

ロレックス


名実ともに世界最高峰と謳われる、時計の歴史を作り、高級時計の中でも群を抜く逸品を作り続ける高級時計メーカー。

歴史

1905年にドイツ人のハンス・ウィルスドルフがロンドンで時計商社として創業した。

当時は時計関税が高額だったため以後、漸次スイスに拠点を移し、その過程でメーカー化した。懐中時計が主流であった当時、早くから腕時計の利便性に着目し、別会社である「オイスター社」が開発し、それまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化自動巻き機構「パーペチュアル機構」日付が午前零時頃に一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明し、名実ともに世界最高峰の時計メーカーの地位を確立、腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けました

ロレックスは全米オープンや全英オープン、マスターズといった男子メジャーゴルフ選手権やライダーカップ(欧州開催のみ、アメリカ開催はオメガが公式計時)、F1、ル・マン24時間レース、デイトナ24時間レース、全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン選手権・全米オープン・ATPファイナルズなどのATPツアー・WTAツアーのオフィシャルタイムキーパーを担当しています。

またロレックスはウィーン・フィル、アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーも支援しています。

すでに創業当時のスイスには名門ブランドがひしめいており、後発ブランドのひとつにすぎなかったロレックスは「実用性に加えて新しい技術や発明を用いた徹底した時計作り」で「独自性」を打ち出しました。

現在は「ウォッチ」に分類される腕時計を主たる商品としている。全ての部品を自社製造しているマニュファクチュールであり、なおかつその大部分でクロノメーター認定を受けている時計メーカーです。

価格

新品で60万円~数百万です。

大まかに分けると3つに分けられます。

  • ドレス系オイスターモデル:デイトジャスト(Datejust)が有名。
  • スポーツ系オイスターモデル:エクスプローラーやサブマリーナ―、
    コスモグラフ・デイトナ (Cosmograph Daytona)  、GMTマスター(販売終了)が有名。
  • ノンオイスターモデル:プリンスなど。

ブライトリング

航空業界に古くから貢献している、時計だけでなく計器としても力を振るう豪傑な名門時計メーカー。

航空業界とのつながりが強く、コクピットウォッチ、クロノグラフ、ストップウォッチを主力とし、「時計ではなく計器である」という理念のもとに、製品はすべてクロノメーター検定に合格したスイスの時計メーカー。

歴史

1884年にレオン・ブライトリングが時計工房「G. レオン・ブライトリング」を開いたのが始まり。

1915年にはレマニア製の16リーニュ 懐中時計用クロノグラフムーブメントを搭載した腕時計を製造。世界初の専用プッシュボタン付クロノグラフ腕時計であり、第一次世界大戦でニーズを増したパイロット向けの時計です。

1939年にイギリス空軍が大量のコクピットクロックを発注。 1942年に対数表記の四則演算用の回転計算尺を付けたクロノグラフ、初代「クロノマット」発売。 1952年に航空航法用の回転計算尺を付けたクロノグラフ、初代「ナビタイマー」発売。

2003年にベントレーのル・マン復帰に際し、パートナー契約締結。Breitling for Bentleyシリーズ発表。コンチネンタルシリーズの内装にブライトリングデザインのアナログ時計が据えられる。

2009年にブライトリング初の完全自社開発・自社製造ムーブメント「キャリバー01」を発表。モデルチェンジしたクロノマットに搭載し発売。自社製キャリバーの開発・製造のために工場「クロノメトリー 」の南側に新工場を増設しました。

価格

新品で25万円ほど~60万円まであります。

車や飛行機、モーター系が好きな人はたまらなくいいですね!

  • クロノマット
  • クロノ・コックピット
  • クロノマチック
  • コスモノート
  • エマージェンシー
  • モンブリラン
  • ナビタイマー
  • アビエーション
  • プレミエ
  • スーパーオーシャン

オフィチーネ パネライ

海軍を支えた数々の伝説を生み出し、ダイバーズウォッチの帝王として名高いイタリアの高級腕時計メーカー。

現在でも温度計、湿度計、気圧計、クロノメーターなどを生産しています。

潜水用装備品のメーカーとしても著名であり、携行深度計や潜水灯も手がけています。

歴史

イタリアの高級腕時計ブランドです。通称パネライ。

現在はリシュモングループの傘下にあります。

1860年にジョヴァンニ・パネライによってフィレンツェにパネライ時計店:精密機器の工房として創業。

1930年代、パネライ社は精密機器納入業者であった縁でイタリア海軍より潜水部隊用時計の製作依頼を受けたのが始まりで、そこから海軍用の時計を制作します。

イタリア海軍用の精度と耐久性に優れた計測機器を製造する軍需専門メーカーとして発展し、1938年には世界初となる、特殊潜水部隊用ダイバーズウォッチ「ラジオミール」が誕生。

第一次世界大戦ごろから着手した時計開発は、イタリア海軍向けに始まり、1993年に民生用も発表。

パネライの手がける腕時計は長らく軍用のみでした。それらは軍用品として民間向けの販路に出すことが制限されており、またイタリアを始め軍の制式採用品とされたものには軍事機密の制限がかけられていました。

そのため、パネライの腕時計が民間市場に出されることはほぼなかったのですが、軍需専門の精密機器メーカーだったために東西冷戦の終結とともに業績不振に陥り、その打開策の一つとして、イタリア軍との軍需契約の終了する1993年より、一般向け時計の製造、販売を開始しました。

そして、1997年にリシュモン・グループ傘下となり、世界的に大ヒットし躍進。

1998年、パネライは民間向け腕時計市場に国際的にデビューし、いわゆる「デカ厚ブーム」と言われる大型で厚い時計の流行の火付け役となり、近年の腕時計の大型化のトレンドを生んだと評価されています。

特徴

パネライの腕時計のデザインの特徴としては、前述の大型ケースや大型リューズガード、二重式文字盤の他に、9時位置(文字盤の左側)にスモールセコンドがある点です。

この位置にスモールセコンドが配置されているデザインは、軍用・民間向け共に珍しく、パネライ以外ではあまり見られることはあまりありません。

価格

手巻きモデルからなるヒストリックライン、自動巻きモデルからなるコンテンポラリーラインに大別されます。

新品で50万円~数百万円まで幅広くラインナップされています。

最後に

現在は、8選ですが、今後は徐々に足していくかもしれません。

更新があれば、その都度増えていくと思います!ぜひお楽しみにしてください。

さらに、時計に関する様々な疑問も扱っていきます!!以下、ご参考になれば幸いです。


また、ファッション初心者、自分のファッションを変えたい、モテ男になりたい、コーディネート方法を知りたい、女性ウケするメンズコーデをしたいという方のために!!

上記のメンズはまずメンズファッションレンタル「ZAPATOS(ザパトス)」を試してみることをおすすめします!

今のところは、これが「最も効率的にメンズファッションを学ぶ方法」だと思います。

正直、一回使ってみて微妙であれば、解約しちゃえばいいので(笑)

もし興味があればリンクを張っておくので、ぜひ見てみてください!

また、40代や50代の方にはこちらの腕時計に関する記事もオススメ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました